《FAKE FUR ートラ2002ー》

このキャラの応援メッセージを見る

《FAKE FUR ートラ2002ー》 大島康幸 2002年 木(楠)、着色 149.0×112.0×169.0㎝

横浜美術館


この作品は複数の木材を繋ぎ合わせる「寄木」という手法で作られています。作家の大島はそれ以前にはもっぱら寄木で人物像を制作していましたが、この作品ではその手法が動物のうすい毛皮のために用いられています。さらには木板のうえに虎の毛皮を模した彩色が施されることで、大島の言葉を使えば、毛皮ならぬ「木皮」が出来上がるのです。「木皮」の彫刻としてのある大きさと重さをもった存在感と滑らかな表面は、本物の毛皮がもつ艶めかしい毛羽立ちとはまた別のリアリティのある皮膚感覚を、見る者に呼び起こすことになるでしょう。


担当者からのコメント

ここではタイトルに注目してみたいと思います。「FAKE FUR」、これは偽物の毛皮という意味です。つまり、はじめから大島自身がこの作品は偽物です、と言ってしまっているわけです。たいてい、例えば鳥を模した作品であれば《鳥》と名付けられるはずで、それをわざわざ《偽物の鳥》なんて言い方はしないはずです。けれど、あえて大島はこの作品が「偽物」であることを強調しています。そうすることで、この作品が本物らしさではなく、偽物らしさを表現しているのだと伝えようとしているのかもしれません。偽物らしさ?それは決して本物らしさに劣るものではないでしょう。お人形遊びがときとして実際の人間社会での経験よりも豊かなこどもの想像力を育むのと同じです。偽物の虎には偽物なりの世界があるのです。本物と同じぐらいの、あるいはそれ以上の。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
東京都
北海道斜里町 学芸員募集 [斜里町立 知床博物館]
北海道
府中市美術館学芸員募集 [府中市美術館]
東京都
展覧会ランキング
1
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催中[あと17日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
2
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと45日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
3
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと24日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
4
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと24日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと31日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)