四代田辺竹雲斎展 伝統とは挑戦なり

    さかい利晶の杜 | 大阪府

    四代田辺竹雲斎は、かつて竹工芸の文化の中心であった堺の120年続く竹工芸家に生まれ育ちました。 歴代から受け継いできた精神と技術で伝統的な花籃や茶道具を制作する一方で、造形的な竹のオブジェやインスタレーションといった新しい時代に即した作品を制作しています。 大英博物館、ギメ東洋美術館、メトロポリタン美術館等で展覧会が開催され、海外からも高く評価されています。 本展では、空間に広がる竹のインスタレーションをはじめとする現代アート作品、漆芸や自在置物そしてテクノロジーなどとのコラボレーション作品も合わせて紹介します。また歴代竹雲斎の作品も同時に展示します。 多岐にわたる作品を通して、四代田辺竹雲斎が伝統と向き合い挑戦し続ける、革新的な表現の可能性に迫ります。
    会期
    2020年10月24日(土)〜11月23日(月)
    会期終了
    開館時間
    午前9時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
    料金
    大人300円、高校生200円、中学生以下100円
    ※本展覧会の観覧券で「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」にもご入場いただけます。
    休館日 11/17(火)
    公式サイト http://www.sakai-rishonomori.com/
    会場
    さかい利晶の杜
    住所
    〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2丁1番1号
    072-260-4386
    四代田辺竹雲斎展 伝統とは挑戦なりのレポート
    そびえるようなインスタレーション。
    数学的な設計や3Dプリンターを使って竹を編み上げた作品も。竹1本1本の曲線をプログラミング。テクノロジーと伝統工芸の組み合わせには驚きでした。

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと53日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと47日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと81日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    北海道立近代美術館 | 北海道
    デビュー50周年 諸星大二郎展
    開催中[あと53日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと67日]
    2020年11月3日(火)〜2021年1月31日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    アーツ前橋 学芸員(任期付)募集中! [アーツ前橋]
    群馬県
    公益財団法人せたがや文化財団 総合職員募集(美術館学芸員) [世田谷美術館]
    東京都
    兵庫県立美術館 県政推進員募集中! [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    静岡県職員(学芸員:西洋又は日本の近代美術)募集 [静岡県立美術館]
    静岡県
    京都府城陽市職員(文化財保護)募集 [城陽市役所]
    京都府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード