読者
    レポート
    四代田辺竹雲斎展 伝統とは挑戦なり
    さかい利晶の杜 | 大阪府

    「四代田辺竹雲斎展」会場入口


    昨年、大阪市東洋陶磁美術館の「竹工芸名品展:ニューヨークのアビーコレクション」展で、すっかり竹に魅了されてしまいました。

    その中でも会場ロビーにそびえるようなインスタレーション、四代田辺竹雲斎の作品を見た時の驚きは今でも鮮明に覚えています。

    その四代田辺竹雲斎の展覧会が大阪・堺市で開催されると知り、さっそく行ってきました。



    四代田辺竹雲斎 《つながり-無限Ⅰ-》


    竹の細かい作業とまっすぐに伸びた細い脚。不思議な形ですが、どこか愛嬌があり、女性のようにも見えます。上部の丸い形状と脚の部分が、同じ竹からできているとは思えないほどです。

    四代田辺竹雲斎は、代々受け継がれている伝統的な花籃(かご)や茶道具を制作する一方で、2000年頃から現代アートとしての竹工芸品や、漆芸や陶芸などの異なる分野の作業とコラボレーションした作品を作り始めました。

    今回、それらの作品も紹介されています。



    四代田辺竹雲斎/若宮隆志 《登竜門》 2016年


    このほかの作品にしても、竹とそれぞれの工芸品の良さが合わさり、新しい分野のように感じます。

    中でも、特に魅かれたのは≪Disappear Ⅱ≫です。これは他の作品と少し違っています。



    四代田辺竹雲斎/貝島佐和子 《Disappear Ⅱ》 2020年


    なんと構造計算による設計をもとに、数学的な設計や3Dプリンターを使って竹を編み上げ制作されているんです。

    竹1本1本の曲線はプログラムによって生まれています。テクノロジーと伝統工芸の融合!

    全くに想像していない組み合わせに驚きました。そして、そう、美しいのです。


    歴代田辺竹雲斎の作品も並びます


    本展では、歴代の作品も展示されていて、田辺竹雲斎の歴史を眺めることができます。

    それぞれの代が伝統を守りつつも、その時代においての新しい表現を試みていることを知ります。そして四代が挑戦する現代アートとしての竹作品。

    これから、四代のアイデアと技でさらに進化する竹工芸をみることができることを期待する反面、伝統工芸の奥深さもつくづく感じました。

    そして私はますます竹にハマっていきそうです。


    [ 取材・撮影・文:カワタユカリ / 2020年10月27日 ]


    読者レポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?


    会場
    さかい利晶の杜
    会期
    2020年10月24日(土)〜11月23日(月)
    会期終了
    開館時間
    午前9時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
    休館日
    11/17(火)
    住所
    〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2丁1番1号
    電話 072-260-4386
    公式サイト http://www.sakai-rishonomori.com/
    料金
    大人300円、高校生200円、中学生以下100円
    ※本展覧会の観覧券で「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」にもご入場いただけます。
    展覧会詳細 四代田辺竹雲斎展 伝統とは挑戦なり 詳細情報
    読者レポーターのご紹介

    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    令和4年度和歌山市職員(学芸員:日本考古学)募集 [文化振興課]
    和歌山県
    清水寺 展覧会運営スタッフ募集! [清水寺]
    京都府
    二条城 展覧会スタッフ募集中! [二条城]
    京都府
    さいたま市任期付き短時間勤務職員(一般行政事務・植物研究分野) [さいたま市教育委員会 文化財保護課]
    埼玉県
    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと49日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立民族学博物館 | 大阪府
    ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会
    もうすぐ終了[あと2日]
    2021年9月2日(木)〜11月30日(火)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと45日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    もうすぐ終了[あと14日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    ハリー・ポッターと魔法の歴史
    開催まであと20日
    2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード