日本のたてもの ー 自然素材を活かす伝統の技と知恵

    東京国立博物館 | 東京都

    日本の伝統建築は、日本の自然や社会的条件に適応しながら、変化と多様化を遂げてきました。 寺院、神社、住宅、城郭など、日本建築特有の造形を備えたかたちが生まれ、現在までその姿を残すものも数多く存在します。 政府・文化庁は2018年より、国連教育科学文化機関(ユネスコ)にて、「伝統建築工匠の技:木造建築物を受け継ぐための伝統技術」を無形文化遺産へ登録するための活動を進めています。 本展は、1964年の東京オリンピックに併せて当館で開催された「日本古美術展」出品模型や、文化庁が国宝・重要文化財建造物を修理する際に、形態、技法などを検討し、その技を伝承するために製作してきた模型を活用し、古代から近世までの日本建築の成り立ちについてご紹介します。
    会期
    2020年12月24日(木)〜2021年2月21日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:00(会期中の金曜・土曜は21:00まで開催)
    ※1月2日(土)、8日(金)、9日(土)は17時に閉館
    料金
    一般 1,500円
    大学生 1,000円
    高校生 600円
    休館日 月曜日、12月26日(土)~2021年1月1日(金・祝)、1月12日(火) ※ただし、1月11日(月・祝)は開館
    チケットを買う https://www.e-tix.jp/tatemono/
    公式サイト https://tsumugu.yomiuri.co.jp/tatemono/
    会場
    東京国立博物館
    住所
    〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    日本のたてもの ー 自然素材を活かす伝統の技と知恵のレポート
    1
    ユネスコ無形文化遺産への登録が決定している「伝統建築工匠の技」
    古代から近世まで日本を代表する建築の模型や資料を一堂に公開
    法隆寺五重塔、唐招提寺金堂、そして首里城正殿など、美しい模型に注目

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと205日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと41日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと240日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと52日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと76日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    高知市立自由民権記念館 企画・広報募集 [高知市立自由民権記念館]
    高知県
    横尾忠則現代美術館での受付スタッフ(お仕事No 210708r)) [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード