貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展

    中将姫と當麻曼荼羅 ― 祈りが紡ぐ物語 ―

    奈良国立博物館 | 奈良県

    奈良・當麻寺の本尊である綴織當麻曼荼羅(国宝、當麻寺蔵)は1250年前に現れた奇跡の曼荼羅として尊ばれてきました。そして、その成立に極楽往生を望んだ奈良時代の貴族の娘である中将姫が関わったことは、鎌倉時代から現代にいたるまで、広く知られています。 この奈良時代の綴織當麻曼荼羅を、江戸時代に写したものが貞享本當麻曼荼羅で、貞享3年(1686)に完成しました。本展は、この貞享本當麻曼荼羅の本格修理が、このたび完成したことを記念して開催する展覧会です。修理後のその美しい姿をご覧いただき、修理過程で確認された新資料を紹介しながら、貞享本製作プロジェクトの全貌をお示しするとともに、貞享本の製作を當麻曼荼羅信仰史のひとつの画期と捉え、周辺の當麻曼荼羅信仰や、連動する中将姫信仰の動向についてご紹介いたします。日本一の霊像として信仰され続けてきた當麻曼荼羅と、女人往生の主人公として長く人々に愛されてきた中将姫が人々に尊ばれ、そして人々を救ってきた歴史に触れていただければ幸いです。 (公式ウェブサイトより)
    会期
    2022年7月16日(土)〜8月28日(日)
    開催まであと21日
    開館時間
    午前9時30分~午後6時(毎週土曜日は午後7時まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    料金
    一般 1,600円(1,400円)、高大生 1,000円(800円)、小中生 500円(300円)
    ※()内は前売料金です。
    休館日 毎週月曜日(ただし、7月18日[月・祝]・8月15日[月]は開館)、7月19日[火]
    公式サイト https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/special_exhibition/202207_chujo/
    会場
    奈良国立博物館 西新館
    住所
    〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50
    050-5542-8600(ハローダイヤル)

    おすすめレポート
    学芸員募集
    【寺田倉庫】WHAT MUSEUM アートキュレーター(学芸員) ※正社員 [WHAT MUSEUM]
    東京都
    令和4年度埼玉県学芸員採用選考(考古、歴史) [県立博物館等]
    埼玉県
    ★2025年春開館予定施設★鳥取県立美術館 企画展示プロデューサー 募集! [倉吉市駄経寺町(鳥取県立美術館(開館予定日:2025年春)),開館前は鳥取県立美術館付近に設置する事務所(倉吉市内)を想定]
    鳥取県
    令和4(2022)年度 栃木県職員採用選考考査〔学芸員(考古)〕について [栃木県立博物館]
    栃木県
    愛媛県職員(学芸員:日本画・デザイン)採用試験案内 [愛媛県美術館又は知事部局]
    愛媛県
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催まであと20日
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと92日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    モディリアーニ展 ー 愛と創作に捧げた35年 ー
    開催中[あと23日]
    2022年4月9日(土)〜7月18日(月)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    特別展アリスーへんてこりん、へんてこりんな世界ー
    開催まであと21日
    2022年7月16日(土)〜10月10日(月)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
    もうすぐ終了[あと8日]
    2022年4月22日(金)〜7月3日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード