企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」

    秋田市立千秋美術館 | 秋田県

    2018年に塔内修復を終え、半世紀ぶりによみがえった太陽の塔。これを契機に、いま岡本芸術の数々に大きな注目が集まっています。 本展は、再生を果たした太陽の塔を中核に据えながら、岡本太郎と岡本芸術の本質を考えようとする展覧会です。構想段階から完成まで、さらには再生事業までをも網羅して太陽の塔の半世紀を一望するとともに、太陽の塔誕生の舞台となった1970年大阪万博「テーマ館」を概観し、太陽の塔の全体像を浮かび上がらせます。加えて、太陽の塔の誕生にいたる道のりを振り返り、「岡本太郎はいかにして太陽の塔に到達したのか」「太陽の塔に何を込めようとしたのか」を考えていきます。 また、太陽の塔の制作にも影響を与えることとなった1957年の秋田訪問にも焦点をあて、岡本自身がシャッターを切った秋田の写真群も紹介します。
    会期
    2020年7月18日(土)〜9月6日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時から午後6時(最終入館は午後5時30分)
    料金
    一般1000円、大学生800円、高校生以下無料  
    注)20名以上の団体および障がい者割引、秋田県立美術館との相互割引料金は、一般800円、大学生640円
    注)くるりん周遊パスで観覧の場合、一般700円、大学生600円
    休館日 会期中無休
    公式サイト https://www.city.akita.lg.jp/kanko/kanrenshisetsu/1003643/index.html
    会場
    秋田市立千秋美術館
    住所
    〒010-0001 秋田県秋田市中通二丁目3-8 アトリオン
    018-836-7860
    企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」のレポート
    0
    1970年の大阪万博のシンボル、太陽の塔にフォーカス。
    パワーを感じるエネルギッシュな作品たちは、まさに「芸術は爆発だ!」の通りでした。

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと51日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと45日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと79日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    北海道立近代美術館 | 北海道
    デビュー50周年 諸星大二郎展
    開催中[あと51日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと65日]
    2020年11月3日(火)〜2021年1月31日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    [特許庁]【意匠】審査資料調査員 [六本木仮庁舎]
    東京都
    昭和館ではアルバイトを募集します。 [昭和館]
    東京都
    アーツ前橋 学芸員(任期付)募集中! [アーツ前橋]
    群馬県
    公益財団法人せたがや文化財団 総合職員募集(美術館学芸員) [世田谷美術館]
    東京都
    兵庫県立美術館 県政推進員募集中! [兵庫県立美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード