特別展「桃山-天下人の100年」

    東京国立博物館 | 東京都

    政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。 この30年間に花開いた、日本美術史上、もっとも華麗で豪壮な「桃山文化」を中心に、室町時代から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品で紹介します。 本展は、室町時代末から江戸時代初期にかけての激動の時代に生まれた美術を概観し、美術史上「桃山時代」として語られるその美術の特質を、約200点の優品によってご覧いただけるまたとない機会です。半数以上が国宝・重要文化財作品となります。 ※前期 10月6日(火)~11月1日(日) 後期 11月3日(火・祝)~11月29日(日)
    会期
    2020年10月6日(火)〜11月29日(日)
    もうすぐ終了[あと2日]
    開館時間
    午前9時30分~午後6時
    ※金曜、土曜日は午後9時まで開館
    料金
    一般 2,400円 / 大学生 1,400円 / 高校生 1,000円
    休館日 月曜日(ただし11月23日[月・祝]は開館)、11月24日(火)
    公式サイト https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/
    会場
    東京国立博物館
    住所
    〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
    03-5777-8600(ハローダイヤル)
    特別展「桃山-天下人の100年」のレポート
    0
    くらくら目眩がするほどの国宝、重要文化財のオンパレード。豪華絢爛な「桃山美術」を中心に屛風、茶道具、刀剣・甲冑を紹介。
    目まぐるしい激動の時代の息吹を肌で感じられる展示でした。
    特別展「桃山-天下人の100年」に関連する特集
    まず、東京国立博物館の平成館では「桃山 ― 天下人の100年」。鉄砲伝来から江戸幕府による鎖国まで、激動の時代に生まれた美術を概観。同じく東博は、表慶館でも「工藝2020-自然と美のかたち-」。82名の作家らによる…

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと51日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと45日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと79日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    北海道立近代美術館 | 北海道
    デビュー50周年 諸星大二郎展
    開催中[あと51日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと65日]
    2020年11月3日(火)〜2021年1月31日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    [特許庁]【意匠】審査資料調査員 [六本木仮庁舎]
    東京都
    昭和館ではアルバイトを募集します。 [昭和館]
    東京都
    アーツ前橋 学芸員(任期付)募集中! [アーツ前橋]
    群馬県
    公益財団法人せたがや文化財団 総合職員募集(美術館学芸員) [世田谷美術館]
    東京都
    兵庫県立美術館 県政推進員募集中! [兵庫県立美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード