特集
    2020年秋のおすすめ展覧会 ベスト10 ― 首都圏版 ― [9月・10月・11月]

    いつ梅雨明けするのかと思っていたら、いつものような猛暑に。この暑さを乗り切れば、いよいよ芸術の秋が到来します。2020年秋のおすすめ展覧会ベスト10をご紹介しましょう。

    まず、東京国立博物館の平成館では「桃山 ― 天下人の100年」。鉄砲伝来から江戸幕府による鎖国まで、激動の時代に生まれた美術を概観。同じく東博は、表慶館でも「工藝2020-自然と美のかたち-」。82名の作家らによる現代工芸、洋風建築での展示空間にも注目したいと思います。

    休館が続いていた根津美術館もいよいよ再開。「モノクロームの冒険 日本近世の水墨と白描」では水墨画と白描画の魅力に迫ります。

    上野の森美術館では「KING&QUEEN展 ― 名画で読み解く 英国王室物語 ―」。5つの英国王朝の肖像画や写真など。展覧会ナビゲーターは「怖い絵」の中野京子さん。

    SOMPO美術館の開館第2弾展となる「ゴッホと静物画-伝統から革新へ」には、ゴッホの静物画25点が集結。  [8/26 追記:「ゴッホと静物画」展は中止が発表されました]

    東京都現代美術館では「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」。初期の広告からオリンピックのプロジェクトまで、多彩な活動を総覧します。

    アーティゾン美術館「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」では、東西の美術を「都市文化」というキーワードで再考。

    サントリー美術館「日本美術の裏の裏」では、教科書では教えてくれない日本美術の面白さの一端をご案内します。

    藝大美術館では「藝大コレクション展 2020」。上村松園《序の舞》、狩野芳崖《悲母観音》など名作と、藝大を象徴するコレクションと言える自画像群に注目。

    そして原美術館は「光 ― 呼吸 時をすくう5人」。1930年代の洋風邸宅を美術館として再生し、個性あふれる美術館として親しまれてきましたが、これが最後の展覧会となります。


    展覧会は事前予約が必要だったり例年とは開館時間が異なるなど、未だコロナ禍の影響が出ています。詳細は必ず公式サイトでご確認ください。



    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    東京国立近代美術館企画課 研究補佐員(企画展)公募 [東京国立近代美術館 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    清水三年坂美術館 学芸員募集 [清水三年坂美術館]
    京都府
    奥州市牛の博物館 学芸調査員(会計年度任用職員) [奥州市牛の博物館]
    岩手県
    独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館 企画課特定研究員(企画情報発信室)公募  [東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと41日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと131日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    3
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと13日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
    開催中[あと70日]
    2024年2月6日(火)〜5月6日(月)