インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  ヨコハマトリエンナーレ2020のタイトルが決定 ― 「Afterglow―光の破片をつかまえる」

ニュース

ヨコハマトリエンナーレ2020のタイトルが決定 ― 「Afterglow―光の破片をつかまえる」
(掲載日時:2019年11月29日)
ラクス・メディア・コレクティヴ 左から、モニカ・ナルラ、シュッダブラタ・セーングプタ
ラクス・メディア・コレクティヴ 左から、モニカ・ナルラ、シュッダブラタ・セーングプタ

2019年11月29日(金)、横浜トリエンナーレ組織委員会は「ヨコハマトリエンナーレ2020」のタイトルや第一弾参加アーティストなどを発表した。

タイトルは「Afterglow―光の破片をつかまえる」。

Afterglowは「残光」の事。私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに触れていた、宇宙誕生の瞬間に発せられた光の破片を指す言葉として選ばれた。

アーティスティック・ディレクターは、インドのニューデリーを拠点とするアーティスト3名によるラクス・メディア・コレクティヴ(以下、ラクス)。

ラクスは展覧会のキュレーションに際して、時代や文化的背景の異なる実在の人物の生き方や考え方を例示する資料である「ソース」から発想するのが特徴。

今回も、公式サイトで公開されている『ソースブック』に収録された5つの資料をもとに、「ホワイトノイズ」「茂み」「反百科事典」 「漁師のアドバイス」などのキーワードで、ラクス自身の思考を紹介、共有していく。

第1弾として、以下の19名の参加アーティストも発表された。(※)は、日本で初めて作品を発表するアーティストとなる。

新井 卓、イシャム・ベラダ(※)、ジェシー・ダーリング(※)、エヴァ・ファブレガス(※)、ファーミング・アーキテクツ(※)、イヴァナ・フランケ、ズザ・ゴリンスカ(※)、アンドレアス・グライナー、ニルバー・ギュレシ(※)、飯川雄大、飯山由貴、岩間朝子、川久保ジョイ、アモル・K・パティル(※)、佐藤雅晴、新宅加奈子、田村友一郎、アントン・ヴィドクル、ランティアン・シィエ(※)。

この日は、プレイベントとなる「エピソード00 ソースの共有」 の報道向け内覧も開催。新宅加奈子による、自らの裸体に絵の具を纏うパフォーマンス《I’m still alive》などが行われた。

一般向けのプレイベントは11月30日(土)に開催されるが、チケットは予定枚数が終了している。

「ヨコハマトリエンナーレ2020」は2020年7月3日(金)〜10月11日(日) に開催。会場は横浜美術館とプロット48の2カ所。

イシャム・ベラダ《Présage(予兆)》(スティル) 2007- Ongoing © ADAGP Hicham Berrada. Courtesy the artist and kamel mennour, Paris/London, Photo by Hicham Berrada
イシャム・ベラダ《Présage(予兆)》(スティル) 2007- Ongoing © ADAGP Hicham Berrada. Courtesy the artist and kamel mennour, Paris/London, Photo by Hicham Berrada


ニルバー・ギュレシ《Pommel Horse from the Series Unknown Sports》(部分) 2009 © Nilbar Güreş, Courtesy of Galerist
ニルバー・ギュレシ《Pommel Horse from the Series Unknown Sports》(部分) 2009 © Nilbar Güreş, Courtesy of Galerist






取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社