インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック

美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック

■高度な染織文化
【会期終了】 日本列島の南端から台湾にかけて、点のように連なる琉球諸島。明治時代以前には琉球王国として栄え、周辺の地域との交流から豊かな文化が実りました。紅型をはじめ、同地で発達した高度な染織文化を紹介する展覧会が、渋谷区立松濤美術館で開催中です。
尚巴志王(しょう はし おう)により、1429年に成立した琉球王国。明治政府による1879年の琉球処分まで、琉球王国はちょうど450年間続きました。現在でも沖縄に残る多くの工芸技術は、この時代に根付いたものです。

琉球王国は、中国(明・清)と冊封関係にあるとともに、薩摩を介して日本にも使者を送っていました。沖縄の特徴的な染織は、中国と日本、さらに東南アジアや朝鮮など、東アジアの交易の中で育まれたといえます。

展覧会は5章構成。第1章は、沖縄を代表する染物の技法「紅型」です。

明るく華やかな色使いで知られる紅型。原色の組み合わせは、日本の他の地域の織物ではあまり見られません。

紅型で使用される文様には、桜や霞など日本(大和)的なものと、鳳凰や龍など中国的なものが見られます。ここにも沖縄の地域的な特性が現れています。

展覧会では、沖縄県初の国宝「琉球国王尚家関係資料」に含まれる紅型の衣裳も展示されています。手間がかかる意匠は、王族ならではです。



第2章は「沖縄の織物」。沖縄は湿潤亜熱帯に属するため、芭蕉など特徴的な繊維の素材も用いられます。

同じ展示室で、第3章より先に紹介されているのが、第4章「沖縄染織の道具」。紅型の型紙は、柿渋を塗った奉書紙(ほうしょがみ)という和紙。型紙を彫る道具も、工房で手作りされます。

2階の展示室では、貴重な衣裳を露出展示しています。美しい色と文様を、至近距離で楽しめます。

第3章は「多彩な染織品の数々-着物以外の染織品」。ウチェキー(風呂敷)は包む、掛ける布。チリデーウスーヤーは盆にのせた品物の覆い布。ティサージは手拭ですが、航海のお守りや贈り物にも使われていました。

最後の第5章は「伝統を伝えて-現代の染織品」。重要無形文化財の保持者(人間国宝)など、現代の作家が手掛けた作品は、復元と創作の2種。復元は近世琉球期の染織品や、欧米の博物館に収集された染織品など。創作の作品も、伝統的な素材や技法が用いられています。

沖縄をテーマにした展覧会はしばしば開催されますが、全ての展示品が制作地の沖縄からの出陳というのは、珍しい試みです。巡回はせずに、渋谷区立松濤美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年8月9日 ]

※会期中に展示替えがあります。

フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館

ソフィー・リチャード(著)

集英社インターナショナル
¥ 2,376

 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2019年8月10日(土)~9月23日(月・祝)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : https://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社