インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  大英博物館 古代エジプト展

大英博物館 古代エジプト展

■全長37mの『死者の書』
【会期終了】 人は死後に冥界で長い旅路に出て、来世で復活すると考えられていた古代エジプトの世界。大英博物館が誇るエジプトの至宝、全長37mという世界最長の『死者の書』《グリーンフィールド・パピルス》が、森アーツセンターギャラリーで公開されています。
1753年創設の世界最古の国立博物館、大英博物館。年間の来館者数は600万人、所蔵品は800万点以上という桁違いの巨大博物館ですが、中でもエジプト部門はロゼッタ・ストーンを初め10万点以上所蔵するなど、世界屈指の内容で知られています。

本展には2体のミイラ、極彩色の棺、護符、装身具など、約180点のエジプトコレクションが来日。古代エジプトの祈りの世界を多面的に紹介していきます。


会場「冥界の旅I」

会場前半は、暗い展示室の「冥界の旅I」から。

死者の書が描かれたミイラの覆い布、守護の力を持つと信じられた副葬品、色鮮やかな供養碑などが黒い室内に浮かび上がり、ミステリアスなムードが漂います。


《ベスエンムウトの木棺》に記された『死者の書』

本展最大の注目が、世界最長の『死者の書』《グリーンフィールド・パピルス》。全長37mの長編絵図が、オレンジ色の室内で壁面を周回するように展示されています。

『死者の書』は様々な試練が待つ旅路で死者に守護の力を与えるもの。《グリーンフィールド・パピルス》は女性神官のために作られたものです。

冥界の王オシリスの審判を経て永遠の生命を手に入れるまでが描かれていますが、珍しいのは他の『死者の書』にはほとんど見られない「天と地のはじまり」の挿絵。大気の神シュウが天空の女神ヌウトを持ち上げて天と地を作った様子が描かれています。


全長37mの《グリーンフィールド・パピルス》。「天と地のはじまり」が描かれている。

会場後半の「冥界の旅II」は、一転して明るい展示室となります。審判をくぐりぬけた者だけが入ることが許された、来世の楽園のイメージでしょうか。

ここでは神殿の儀式道具とともに見つかった銀製の天秤皿や、裁判官が護符として身につけていたマアト女神の金製ペンダントを紹介。また、審判を無事に通過した証として、頭にロータスの花の冠をつけた《パセンホルの木棺》なども紹介されています。


《パセンホルの木棺》

森アーツセンターギャラリーで開催中の東京展は、9月17日(月・祝)まで。会期中の金曜日は23:30まで見ることができる「ナイトミュージアム」も開催されます。

7月13日(金)のナイトミュージアムには、劇団四季のミュージカル『アイーダ 愛に生きた王女』でラダメス役を演じている一人、阿久津陽一郎さんがスペシャルゲストとして登場。古代エジプト壁画研究家の村治笙子さんとのミニトークショーは、多くのファンで賑わいました。(取材:2012年7月13日)

会場森アーツセンターギャラリー
開催期間2012年7月7日(土)~9月17日(月・祝)
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://egypt2012.jp/
展覧会詳細へ 大英博物館 古代エジプト展 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社