インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  宮本三郎クロニクル 1922⇒1974

宮本三郎クロニクル 1922⇒1974

■「人間との対決は絵画でも永遠」
【会期終了】 昭和の洋画壇を代表する画家のひとり、宮本三郎。制作の拠点としていた地に建つ宮本三郎記念美術館で、宮本の画業をクロニクル=年代記的に振り返る展覧会が開催中です。
世田谷区奥沢にある宮本三郎記念美術館は、2004年4月に開館。世田谷美術館の分館としては向井潤吉アトリエ館清川泰次記念ギャラリーについでオープンしました。

宮本は1905年に石川県の御幸村(現小松市)で誕生。上京・結婚を経て1935年に当地に住居兼アトリエを新築し、1974年に亡くなるまで代表的な作品の多くをこの地で制作しました。



本展では宮本の作品を年代別に振り返ります。最も古いものは1922年制作、宮本が17歳の時の作品から、最後は絶筆となった1974年、69歳の作品まで全35点です。

本展では作品のキャプションで、作品名や制作年とともに作品を制作した時の宮本の年齢が紹介されています。「これは何歳の時に描いたもの?」と思い、作者の生年を引き算しながら観ることが多かった筆者にとって、この説明は理想的。ぜひ他の美術館でも採用していただければと思います。



宮本は画業の中で何回か大きく作風が変わっています。従軍画家として写実に徹した作品から、荒々しい筆致の絵までかなり幅がありますが、ベースになっているのは確かなデッサン力。その力量は「デッサンの神様」安井曾太郎も一目置いていたほどといいます。

動物や風景を描いた作品も残されていますが、宮本が一番描きたかったのは「人間」そのもの。会場のバナーには、宮本が遺した言葉が掲げられています。
絵画は人間をかくことから次第に遠ざかってきている
文学はいまでも人間を書きつづけているんだ
人間との対決は絵画でも永遠なことだ
最初期の作品から晩年の裸婦まで、徹底して人間の表現に心血を注ぎました。



晩年に近い時期の作品は、鮮やかな色彩が目立つようになります。

館の所蔵作品で最も人気がある《ヴィーナスの粧い》は青、絶筆となった《假眠》は赤。華やかな色彩の中に浮かび上がる裸婦は肌の表現が感動的で、息を呑むような艶かしさです。



自由が丘から歩いていける住宅地の中にある、瀟洒な白い美術館。決して大きくはありませんが、いかにも美術館らしいゆったりとした時間をすごすことができます。(取材:2012年8月10日)

※文中の年齢表記は、すべて数え年です


宮本三郎の世界―花と裸婦と…

宮本 三郎 (著)

毎日新聞社
 

 
会場世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館
開催期間2012年8月7日(火)~12月2日(日)
所在地 東京都世田谷区奥沢5-38-13
TEL : 03-5483-3836
HP : http://www.miyamotosaburo-annex.jp
展覧会詳細へ 宮本三郎クロニクル 1922⇒1974 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社