インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  シャルダン展 静寂の巨匠

シャルダン展 静寂の巨匠

■知られざる巨匠の初展覧会
【会期終了】 フランスを代表する静物・風俗画家のジャン・シメオン・シャルダン(1699~1779)。ヨーロッパではフェルメールに匹敵する人気・評価を得ていますが、日本での知名度は高いとはいえません。「限定された情報に人々の興味が集中しがちなこの国特有の偏向した現象」(高橋明也館長)に警鐘を鳴らす三菱一号館美術館で、注目の展覧会がはじまりました。
時おり数点の作品が来日するものの、まとまった個展としてはわが国で初めてとなるシャルダン展。監修はルーヴル美術館名誉館長のピエール・ローザンベール氏が務めました。

ローザンベール氏は、シャルダン研究の世界的権威。シャルダン没後200年にあたる1979年にパリで開催してアメリカに巡回した大展覧会は、後のシャルダンの評価を決定付けました。



「シャルダン」と聞くと消臭芳香剤をイメージする人がいるかもしれませんが、間違いではないので大丈夫。1971年にエステー化学工業(現エステー)が発売したシャルダンは、画家のシャルダンから命名されたのです(ただしスペルは違います)。当時一般的でなかった香りの新製品を発売するにあたり、安らぎを感じさせるシャルダンの絵にあやかりました。

確かに、描かれているものはとても静かな風景。「静寂の巨匠」という展覧会のサブタイトルがしっくりとはまります。



シャルダンは29歳でアカデミーに認められ、静物画や風俗画の名手として称えられました。晩年には息子が自殺するなどいくつかの不幸があったものの、比較的裕福な生涯だったといえます。

没後は急速に忘れられていったシャルダンに再び注目が集まったのは、19世紀になってから。フェルメールを再評価した評論家のトレ=ビュルガーが、シャルダンにも着目したのです。

その評価は徐々に高まり、ミレー、マネ、セザンヌなど19世紀の多くの画家がその影響を受けました。



展覧会のメインビジュアルとして大きく使われているのが《木いちごの籠》。代表作の《羽根を持つ少女》とともに個人像のため通常は非公開ですが、今回は2点とも初来日しました。

籠にピラミッド状に積まれた木いちご、手前にはカーネーションと水の入ったコップ、右側には桃とさくらんぼ。静物画から風俗画を経て、また静物画に回帰した時代の作品で、晩年の最高傑作と言われています。


《木いちごの籠》など

ちなみにもう1点の傑作《羽根を持つ少女》の方は、取材での撮影はおろか、チラシや公式サイトでの使用も禁止。まさに会場で見るしかないため「心のシャッターを押して」見てほしい、との説明がありました。

会期が来年1月6日(日)までと、長めなのも嬉しい限り。平日の木・金曜日対象の“アフター6”割引もあるので、デートにもオススメです。(取材:2012年9月7日)

シャルダン (新潮美術文庫 15)

黒江 光彦 (著)

新潮社
¥ 1,155

料金一般当日:1,500円/“アフター6”割引 1,000円 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場三菱一号館美術館
開催期間2012年9月8日(土)~2013年1月6日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://mimt.jp/chardin/
展覧会詳細へ シャルダン展 静寂の巨匠 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
国立新美術館「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」'
DOMANI
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート あべのハルカス美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
奇蹟の芸術都市バルセロナ デザインあ展 in SHIGA 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社