インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「深海 — 挑戦の歩みと驚異の生きものたち —」

特別展「深海 — 挑戦の歩みと驚異の生きものたち —」

■伝説の巨大イカ、上野に現る!
【会期終了】 地球表面の約70%を占める海のうち、水深200mを超える所が「深海」。生物がいる場所としては地球上で最も広いエリアにもかかわらず、今でも分かっていないことが多い未知の世界に、最新の研究成果が迫ります。
世界で初めて生きたダイオウイカを撮影した、NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」。今年1月の放映は大きな反響を呼びました。

本展は、同番組で世紀のプロジェクトを成功させた国立科学博物館の窪寺恒己氏と、海洋研究開発機構の藤倉克則氏が監修。話題のダイオウイカの標本はもちろん、潜水調査の機器や貴重な生物標本などを展示しながら、徐々に明らかになりつつある深海の世界を紹介する企画です。

会場に入ってまず注目は「しんかい6500」の実物大模型。深海調査の分野では世界トップクラスの日本が誇る、有人潜水調査船です。乗組員3人が入れる球状の耐圧殻(たいあつこく=コックピット)の内部を覗けるほか、船体に投影される映像で船の仕組みが紹介されます。


最初の見ものは「しんかい6500」

深海に生息するさまざまな生きものを展示しているのが「深海生物図鑑」のコーナー。深海生物の標本など約380点が並びます。

深海の生きものといえば、目が退化したり、体が光ったりと「いかにも」という姿をつい想像しがちですが、実際は良く目にするような生きものも多数存在します。ここでは、生物の分類学に則って紹介されています。


「深海生物図鑑」コーナー

目玉のダイオウイカの標本は「深海への適応」コーナーです。国立科学博物館が所蔵する標本で、2007年に島根県出雲市沖で捕獲しました。ダイオウイカは二本の長い触腕が特徴で、この標本は全長約5メートルという巨大さです。

ヨーロッパでは大航海時代から、船ごと海中に引きずり込んでしまう「海の魔物」として恐れられてきた伝説の巨大イカ。生きている姿を捉えた世紀の映像も「深海シアター」で見ることができます。


ダイオウイカの標本

私たちとは縁遠いようにも思える深海の世界ですが、深海に住む生きものは、実は食卓ではおなじみ。最後の「深海の開発と未来」コーナーでは、私たちがよく口にする食べ物と、その材料である魚の姿が比べて見られるように展示されています。


「深海の開発と未来」コーナー

NHKスペシャルで火がついた“イカブーム”の追い風を受けて始まった本展。報道向け内覧会にも相当な数の関係者が押し寄せるなど、大きな注目を集めています。図録も読み応え満点で、グッズ売り場には注目のイカグッズも盛りだくさん。時間とお財布には余裕を持ってお出かけください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年7月5日 ]

ダイオウイカと深海の生物

NHKスペシャル (監修)

学研マーケティング
¥ 1,000

料金一般・大学生 当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立科学博物館
開催期間2013年7月6日(土)~2013年10月6日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://deep-sea.jp/
展覧会詳細へ 特別展「深海 — 挑戦の歩みと驚異の生きものたち —」 詳細情報
取材レポート
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
そりとむくり
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
クラシックホテル展
クラシックホテル
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社