インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ─ ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界

シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ─ ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界

■仏壁画の巨匠、日本で初紹介
【会期終了】 19世紀フランスを代表する壁画家、ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-1898)。フランス公共建築の壁画はドラクロワからシャセリオー、そしてこのシャヴァンヌへと引き継がれていきましたが、なぜか日本では本格的に紹介されたことはありませんでした。待望の大型展が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
フレスコを思わせる艶消しの色調で、公共建築に相応しい落ち着いた壁画を数多く手がけたシャヴァンヌ。展覧会では、主に壁画を作家本人が再制作した縮小版が展示されており、オルセー美術館、リヨン美術館、パリ・プティ・パレ、メトロポリタン美術館など世界各国の美術館から作品が集結しました。

展覧会のサブタイトルにあるアルカディアは、自然と人間が調和して生きる理想郷のこと。普仏戦争やパリ・コミューンで壊滅的な打撃を受けたパリを眼前にし、シャヴァンヌは平和な理想郷を壁画の中で追求しました。


会場

展覧会のメインビジュアルでも使われている作品が《諸芸術とミューズたちの集う聖なる森》。フランス第2の都市で、シャヴァンヌの生まれ故郷でもあるリヨンの美術館の壁画中央部として制作されたものです。

舞台は水辺のアルカディア。美術館(ミュージアム)の壁画に相応しく、イオニア式のギリシア建築の前に9人のミューズ(文芸を司る女神)が集っています。


《諸芸術とミューズたちの集う聖なる森》

シャヴァンヌは1891年には国民美術協会の会長に就任し、名実ともに画壇のトップに上り詰めました。

多忙な中でも公共事業の壁画を次々に手掛け、ルーアン美術館、パリ市庁舎、パンテオンとフランス国内のみならず、遠くはアメリカのボストン公共図書館の壁画も制作。その名声は国外にまで広がっていきました。


会場

国際的に高い知名度があったシャヴァンヌは、日本の洋画界にも大きな影響を与えた存在でした。

日本近代洋画の父である黒田清輝は、その師であるラファエル・コランの紹介状を持ってシャヴァンヌを訪問。自作「朝妝」に対しての助言を求めています。ちなみに、裸婦画である「朝妝」は日本で発表された際、風紀上の理由から物議を醸したことはよく知られています(現在は焼失)。

藤島武二もシャヴァンヌ作品を熱心に模写。初期の代表作《天平の面影》(重要文化財)には、その影響を強く感じさせます。


黒田清輝の下絵なども

象徴主義の画家だけでなくスーラ、ピカソ、マティスなど名だたる画家にも影響を与えた、高貴で静謐なシャヴァンヌの世界。時間をとってお楽しみください。

なお本展は3月20日(木)~6月16日(月)、島根県立美術館に巡回します。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月8日 ]

Pierre Puvis de Chavannes

Aime Brown Price (著)

Yale University Press
¥ 20,239

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2014年1月2日(木)~3月9日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.bunkamura.co.jp
展覧会詳細へ シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ─ ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社