インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  焼け跡と絵筆 ─ 画家の見つめた戦中・戦後 展

焼け跡と絵筆 ─ 画家の見つめた戦中・戦後 展

■時代と歩んだ前衛の姿
【会期終了】 東京23区初の公立美術館として1979年に開館した板橋区立美術館は、開館以来、昭和の前衛絵画を収集してきました。開催中の館蔵品展で、戦中から戦後混乱期の絵画を5つのテーマで展観します。
5章構成を2つの展示室で紹介する本展、まず1章は「戦局の悪化と画家たち ─ 池袋アトリエ村の画家を中心に ─」です。

1930年頃より、池袋周辺のアトリエ付き住宅に集まった若い芸術家たち。現在"池袋モンパルナス"と呼ばれる地域に暮らした彼らは、積極的に前衛表現に取り組みましたが、時局の悪化にともなって、さまざまな制約を受けることとなります。

1943年4月13日に、大空襲に見舞われた池袋。池袋駅前は焼け野原となり、8月の終戦を迎えます。2章「池袋の焼け跡、板橋の風景 ─ 画家の見つめた終戦 ─」では、焼け跡を描いた作品などが並びます。

3章は「戦後復興期の絵画にみる人間 ─ 社会と身体 ─ 」。戦後の自由な表現活動の中で、人体は象徴的なモチーフになりました。戦地での体験や、戦後の混乱の影響か、人体の一部をデフォルメしたり、動物に置き換えられたりする表現も目にとまります。


1章「戦局の悪化と画家たち ─ 池袋アトリエ村の画家を中心に ─」と、2章「池袋の焼け跡、板橋の風景 ─ 画家の見つめた終戦 ─」

4章は「阿部展也のアトリエから ─ 造形と色彩の画家たち ─」。前衛絵画やシュルレアリスム写真で、戦前から評価が高かった阿部展也。戦後、下落合にアトリエを構えると、福島秀子、榎本和子、漆原英子、草間彌生など才能にあふれた若手の女性作家が集まるようになりました。阿部が亡くなった後も、アトリエに集った芸術家たちは美術界の最前線で活躍していきます。

最後の5章は「事件、社会を描くルポルタージュ絵画」。砂川や内灘などの基地問題、水爆実験、安保闘争など、この時代に社会を揺るがせた様々な問題は、美術家たちにとっても大きな関心事。時代の空気を受けた、挑戦的な表現です。


4章は「阿部展也のアトリエから ─ 造形と色彩の画家たち ─」と、5章「事件、社会を描くルポルタージュ絵画」

「焼け跡と絵筆」の展示はここまでですが、なぜか展示室の最後には屏風が。板橋区立美術館が所蔵する狩野永叔筆《梅桜小禽図屏風/菊ニ鶴図屏風》が、日本郵便の特殊切手「切手趣味週間」の絵柄に採用されたため、本展期間中に特別公開されているのです。

郵便切手が持つ「美しさ」や「芸術性」を知ってもらうために、毎年この時期に発行される切手趣味週間。この屏風は館蔵品の中で特に目立つ存在ではありませんが、細部まで丹念に描かれた装飾性の高い画面に白羽の矢が立ったのでしょうか。

表裏両面に描かれた屏風のため、5月11日(日)まで「梅桜小禽図屏風」、5月13日(火)からは「菊ニ鶴図屏風」が展示されます。切手は4種各82円、1シート820円。全国の郵便局で発売中です。


「切手趣味週間」の絵柄に採用された狩野永叔筆《梅桜小禽図屏風/菊ニ鶴図屏風》

また、展示コーナーでは板橋区在住の木彫作家、深井隆の作品も時別展示されています。深井隆は1951年生まれ。現在は東京藝術大学で教鞭を取っており、昨年(2013年)紫綬褒章を受章。ソファーや翼、馬などをモチーフにした作品で知られています。

会場には館蔵品の2作品に加え、本展に合わせて制作された《月の庭 ─ 日月 ─》も初公開。近くに寄ると木の香りも漂ってくる、正真正銘の最新作です。


深井隆の特別展示。一番奥が、最新作の《月の庭 ─ 日月 ─》

5月4日(日)と6月15日(日)には、担当学芸員が作家や作品について解説するギャラリートークを開催(いずれも14:00から)。また5月24日(土)には特別展示作家の深井隆氏による記念講演会も開催されます(partⅠ 14:00~14:45、partⅡ 15:00~15:45。先着100名)。いずれも事前申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月17日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場板橋区立美術館
開催期間2014年4月12日(土)~6月15日(日)
所在地 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL : 03-3977-1000(テレホンサービス)
HP : http://www.itabashiartmuseum.jp/art/
展覧会詳細へ 焼け跡と絵筆 ─ 画家の見つめた戦中・戦後 展  詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社