インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  島根県立石見美術館所蔵 水彩画家・大下藤次郎

島根県立石見美術館所蔵 水彩画家・大下藤次郎

■水彩画に殉じたパイオニア
【会期終了】 現在でも学校の授業で用いられるように、日本人と絵画の関係において、水彩画が果たした役割は小さくありません。日露戦争前後に水彩画を大きく普及させた立役者が、大下藤次郎(おおしたとうじろう 1870-1911)です。
首都圏では1991年以来となる、大下藤次郎の回顧展。大下の作品を数多く所蔵する島根県立石見美術館の作品を紹介する企画です。

1870(明治3)年、東京・本郷に生まれた大下。洋画家の中丸精十郎に入門したのは1891(明治24)年で、既に20代。画家としては遅いスタートでした。師である中丸と、次に師事した原田直次郎が相次いで死去したこともあり、結果的にほぼ独学で、油彩ではなく水彩に進みます。

最初期の作品は、お世辞にも上手いとは言い難いレベルです。ここからコツコツと腕を磨いて、文展に出品するまで至ったのです。


最初期の作品は「よく絵描きになろうと思ったな、と思うほど下手である」(千葉市美術館のニュース誌「C’n」71号より)

大下が師事した中丸や原田は、いわゆる脂派(やには)/旧派。外光をキャンバスに持ち込んだ黒田清輝らによる紫派(むらさきは)/新派とは相反する一派ですが、大下は脂派でありながら明るい作品が目につきます。これは、支持体である紙の白さが活かされる水彩の特徴でもあります。

描くべき題材を求めて、各地を旅しながら風景画を制作した大下。徐々にテクニックを身につけていきますが、この時期の作品は固さが残り、表現も通り一遍の印象を受けます。


各地で風景画を描きながら、腕を磨いていきました

大下は千葉にも足を運びました。1893年には商用で、94年と96年には絵画制作の取材で房総を訪れています。

ユニークな展示品が、館山西方の湾の名が付いた「菱花湾日記」。辛辣な文章と戯画調のスケッチは、旅行から帰った後にまとめられたものです。後に水彩画専門雑誌「みづゑ」を創刊し、編集者としても活躍した大下のセンスが伺えます。


「堀口氏の宅 まづいまんぢうだ」。人の家なのに…

この時代の多くの画家と同様に、大下も絵画留学を志します。欧米への留学は叶いませんでしたが、1898(明治31)年、明治美術会の特派員としてオーストラリアを訪問する機会に恵まれます。

この渡航は、その後の大下にとって大きな転機となりました。海外の景色を見た事で、逆に“日本ならでは”の風景を考える事になったのです。


半年に及ぶ渡航で、100枚近くのスケッチを残しました

帰国した大下の作品は、表現が明らかに柔らかくなります。空と雲、そして海・川・湖などの姿に“日本ならでは”を見出し、大下ならではの風景画を作り上げていきました。

ただ、大下の真価はむしろここから。苦労して修得した技術を自分のものだけにせず、広く一般に普及させる事を目指したのです。

1901年に刊行した「水彩画之栞」は、日本初の水彩画指導書。水彩画を制作する事で、美術鑑賞力と観察力を養い、自然を愛する心を育み、(自然に親しむために登山をする事で)健康も増進すると、その利点を説きました。平易な文章で分かりやすく説明するとともに、各地で水彩画の講習会も開催しました。


渡航後は明らかに作風が変わりました

1911(明治44)年も8月には島根や敦賀で講習会を開催していましたが、9月に体調を崩し、10月に死去。水彩画普及のために多忙を極めた中での殉死ともいえる、42年の生涯でした。

水彩画一本に人生を捧げ、素人同然から普及活動のパイオニアにまで上り詰めた大下藤次郎。ご自分で絵を描いている方はもちろん、心得が無い方も思わず絵筆を取りたくなるような展覧会です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年5月19日 ]

水彩画 建物の描き方30のワザ

高崎尚昭 (著)

株式会社 日貿出版社
¥ 2,160

 
会場千葉市美術館
開催期間2014年5月20日(火)~6月29日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 島根県立石見美術館所蔵 水彩画家・大下藤次郎 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社