インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  誰が袖図 描かれたきもの

誰が袖図 描かれたきもの

■三様の「これは誰の袖?」
【会期終了】 「これは誰の袖?」という、ちょっと変わった名前で呼ばれる絵画「誰が袖(たがそで)図」。根津美術館が所蔵する3点の「誰が袖図屏風」を中心に、江戸時代の風俗をご紹介する展覧会です。
衣桁(いこう)や屏風に掛けられた衣装を描いた絵図、誰が袖図。江戸時代のはじめ、17世紀前半に数多く描かれました。

裸婦像などでは脱いだ衣装が描かれる事もありますが、それらでは服はあくまでも脇役に留まるのに対し、誰が袖図は衣装が主役。人物が描かれない事も珍しくありません。

誰が袖図には幾つかのタイプがありますが、根津美術館が所蔵する3点はそれぞれが個性的。一点づつの特徴を見て行く事で、さまざまな誰が袖図の世界をお楽しみいただけます。

また展覧会では、美人画なども同時に紹介。近世の風俗についてもあわせて展観します。


会場入口から。本展は展示室1で開催されています。

1点目は《誰が袖美人図屏風》、左隻に二人の人物が描かれています。禿(かむろ:見習いの少女)が遊女に文を渡す素振りを示している事から、誰が袖図と遊里(遊郭)との関わりが伺えます。

衣桁(いこう)に掛けられた着物は、右隻が女物、左隻が男物。右上には懸守(かけまもり:首にかける円筒状のお守り)も見えます。

良く見ると舞台は室内なのに、なぜか端には桜や松なども。ちょっと不思議な構成です。


《誰が袖美人図屏風》江戸時代

2点目の《誰が袖図屏風》は、背景に障子が描かれているものの、人物の姿は見えません。

着物は右隻に亀甲つなぎの唐織、左隻には上段に子供用の振袖、下段に桜花模様の振袖などが描かれています

衣装以外の調度品も描かれており、右端には双六盤、中央付近には硯箱と冊子。部屋の主を想像しながら絵図を楽しむ趣向です。


《誰が袖図屏風》江戸時代

3点目の《誰が袖図屏風》はよりシンプルで、背景は何も描かれず金地のみ。誰が袖図で最も多く見られるのが、このパターンです。

右隻の衣桁は豪華なしつらえですが、左隻はシンプルな青竹(この組み合わせは2点目も同様です)。

室内に着物をかけて飾りにする「衣桁飾り」との関連も考えられます。


《誰が袖図屏風》江戸時代

本展は企画展示室1で開催、他の展示室ではいつものようにテーマ展示が開催中です(展示室2「婚礼衣裳 ─ 旧竹田宮家所蔵品を中心に ─」、展示室5「館蔵の銘碗20撰」、展示室6「霜月の茶会」)。

中でもオススメは「館蔵の銘碗20撰」。根津美術館が所蔵する茶碗から、《雨漏堅手茶碗》《鼠志野茶碗 銘 山端》《青井戸茶碗 銘 柴田》(いずれも重要文化財)をはじめ20碗がずらりと並びます。お見逃しなく。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年11月12日 ]

日本美術史

山下裕二 (監修), 高岸輝 (監修)

美術出版社
¥ 2,940

 
会場根津美術館
開催期間2014年11月13日(木)~2014年12月23日(火)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 誰が袖図 描かれたきもの 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社