インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  西洋美術の世界 バロックからバルビゾンまで

西洋美術の世界 バロックからバルビゾンまで

■16~19世紀のヨーロッパ美術を展観
【会期終了】 ヨーロッパ絵画を中心とした優品のコレクションで知られる山寺 後藤美術館(山形市)。同館が所蔵する16世紀から19世紀までの絵画77点を紹介する企画展が、そごう美術館で開催中です。
「知られざるミュシャ展」や「エリザベート展」などで西洋絵画が紹介される事はありましたが、そごう美術館が西洋絵画一色になるのは近年では久しぶり。コローやミレーなど馴染み深い名前から、さほど知られていない画家の作品まで、幅広くお楽しみいただける企画展です。

会場は4章構成、冒頭は「神話・聖書・文学」です。神話やキリスト教を題材にした「歴史画」は、アカデミスムの世界では絵画の頂点。ヨーロッパでは長く本流とされ、多くの画家が技術を競いました。


1章「神話・聖書・文学」

次は「美しさと威厳」、肖像画を描く事は画家にとって生活のための重要な手段でした。王や貴族らが力を持っていた時代には、女性は華やかで美しく、男性は威厳を持った風貌にと、注文に応じて制作。産業革命後には、勃興した中間層向けに、愛らしい少女や神秘的な女性像なども描かれるようになっていきます。

ジョン・エヴェレット・ミレイによる大きな女性像《クラリッサ》は、ラファエル前派から離れた後の作品。展覧会メインビジュアルの《愛しの小鳥》を描いたブーグローは、アカデミーの常連。エティエンヌ・アドルフ・ピオ《花と少女》は、山寺 後藤美術館の看板娘です。


2章「美しさと威厳」 動画後半は順に、ジョン・エヴェレット・ミレイ《クラリッサ》、ウィリアム・アドルフ・ブーグロー《愛しの小鳥》、エティエンヌ・アドルフ・ピオ《花と少女》

続いて「静物 ─ 見つめる」。静物画は17世紀に盛んに描かれるようになり、特にオランダとベルギーで発展しました。

アンジェロ・マルティネッティは19世紀イタリアの写実派画家で、静物画が専門。展示されている《鹿と猪のある静物》は極めて正確な描写が特徴的で、「だまし絵」に近いレベル。画面の左下にはハエもとまっています。


3章「静物 ─ 見つめる」 動画最後はアンジェロ・マルティネッティ《鹿と猪のある静物》

最後は「風景と日々の営み」。バルビゾン派の絵画を中心に、風景画、農民と農村の絵画、家族らを描いた人物像などが紹介されます。

都市の発達が生んだ、田園への郷愁。バルビゾン派の作品は徐々に受容が進み、その後継者として印象派が登場する事となります。

会場にはコローの作品が3点。それぞれ別の時期に描かれた作品で、描き方がかなり変化している事も分かります。


4章「風景と日々の営み」

2013年秋からBunkamura ザ・ミュージアムひろしま美術館美術館「えき」KYOTOと巡回していた本展。うっかり見逃していた方はラストチャンスです。お見逃しなく。

なお、そごう美術館は本展以降のスケジュールも発表(一覧はこちら)。個人的に楽しみは7月4日(土)~7月26日(日)に開催される「没後10年 ロバート・ハインデル展」。「現代のドガ」と称された画家の回顧展です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年1月7日 ]

鑑賞のための西洋美術史入門鑑賞のための西洋美術史入門

早坂 優子 (著)

視覚デザイン研究所
¥ 2,052

 
会場そごう美術館
開催期間2015年1月1日(木・祝)~1月25日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
TEL : 045-465-5515
HP : http://www.sogo-gogo.com/museum/
展覧会詳細へ 西洋美術の世界 バロックからバルビゾンまで 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社