インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国産顕微鏡100年展 ~世界一に向けた国産顕微鏡のあゆみ~

国産顕微鏡100年展 ~世界一に向けた国産顕微鏡のあゆみ~

■ドイツに追いついた国産顕微鏡
【会期終了】 約420年前に誕生した顕微鏡。日本では江戸時代以降、長らく輸入顕微鏡が使われてきましたが、1914(大正3)年、現代につながる国産顕微鏡「エム・カテラ」が誕生しました。今年度はちょうど100周年のメモリアルイヤー、記念展が国立科学博物館で開催中です。
ちょうど100年前に誕生したエム・カテラ。変わった名前は、開発に関わった松本福松(M)、加藤嘉吉(KA)、寺田新太郎(TERA)から命名されたものです。国内産業振興のために開かれた東京大正博覧会に出品され、工業的にも成功。現代につながる国産顕微鏡の歴史は、ここに始まりました。

日本館1階中央ホールには、エム・カテラをモデルにしたジャイアント顕微鏡も登場。その前には、本物のエム・カテラも展示されています。


エム・カテラと、ジャイアント顕微鏡

会場は、まず日本館1階常設展の顕微鏡コーナーから。日本には江戸時代半ばに顕微鏡が伝わり、観察した雪の結晶が着物や工芸の意匠として流行するなど、江戸時代の人々にとっても顕微鏡で見る世界は身近な存在でした。

天明年間(1781-89年)には国産顕微鏡も作られていますが、もちろん当時の国産顕微鏡は工業製品と呼べるものではありません。


プロローグ「顕微鏡事始め」

明治になると性能が良い顕微鏡が続々と輸入されるようになり、さらに顕微鏡は広まります。密接な関わりがあったのは、当時の日本の主力産業であった養蚕業でした。

顕微鏡は蚕卵紙(蚕の卵を産み付けた紙)の良否を判断したり、蚕の病気を検査するために利用。その検査方法は出版物で紹介されたため、顕微鏡は日本各地に普及していきます。


携帯用の筒型顕微鏡も、養蚕などで用いられました

エム・カテラの誕生以後は、その技術を継承した顕微鏡製造会社が次々に誕生。戦後はさらに多くの会社が顕微鏡を手掛け、現在では長い間世界をリードしてきたドイツ製顕微鏡と競う水準まで至りました。

会場には戦前に昭和天皇に献上された顕微鏡から現代の顕微鏡までずらり。科博の展示らしく、顕微鏡を覗けるコーナーも用意されています。


代表的な機種が並びます

日本人の精密光学機器製造に関する適正と持ち前の勤勉さから、100年足らずで世界トップレベルになった国産顕微鏡。今後も、さらに限界を超えるような光学顕微鏡の開発が期待されます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年3月2日 ]

顕微鏡セット マイクロスコープ (小学校向き)顕微鏡セット マイクロスコープ (小学校向き)

コロナ・ブックス編集部 (編集)

平凡社
¥ 1,680


■国産顕微鏡100年展 に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2015年3月3日(火)~2015年4月19日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.kahaku.go.jp/event/2015/02microscope/
展覧会詳細へ 国産顕微鏡100年展 ~世界一に向けた国産顕微鏡のあゆみ~ 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社