インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ウルトラマン創世紀展 ―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ―

ウルトラマン創世紀展 ―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ―

■全国巡回の最終会場
【会期終了】 昭和の子どもたちを熱狂させたウルトラマンシリーズ。ウルトラQからウルトラマン80までを取り上げ、制作者の情熱と当時の社会文化をひもとく展覧会が、横須賀美術館で開催中です。
カネゴンやウルトラ兄弟が出迎えてくれる楽しいエントランス(このエリアは撮影可能です)。第1部「ウルトラ伝説の始まり」から会場はスタートします。

「ゴジラ」(1954年、東宝)で世界を驚かせた「特撮の神様」こと円谷英二が、TBSと進めたSF特撮シリーズ「UNBALANCE」。各話で不可思議な事件を描く構想で撮影が始まりましたが、途中から怪獣路線に変更。タイトルも「ウルトラQ」に改題されました。

「ウルトラQ」のヒットを受けて制作されたのが「ウルトラマン」。怪獣と互角に戦う正義の味方として生み出された、全く新しいスタイルのヒーローでした。続編の「ウルトラセブン」はさらにSF色を強化。大人も満足させる骨太のドラマが描かれました。


第1部「ウルトラ伝説の始まり」

第2部は「光の国を作った人々」、ウルトラマンシリーズに関わったクリエイター達が紹介されます。

シュルレアリスム画家だった高山良策は、数多くの怪獣着ぐるみを制作。仏像修復などに関わっていた彫刻家の佐々木明は、ウルトラマン、飛行人形、各種プロップなどの立体造形を担当。池谷仙克は怪獣のデザインや美術で活躍しました。

手本がどこにも存在しなかった、ウルトラマンの世界。クリエイターたちは想像力を駆使して、未知の世界を切り開いていきました。


第2部「光の国を作った人々」

第3部は「ウルトラ兄弟の誕生」。ウルトラセブンの終了から2年半。再放送が人気を呼び、新番組として「帰ってきたウルトラマン」が始まります。その翌年から立て続けに「ウルトラマンA」「ウルトラマンタロウ」「ウルトラマンレオ」と放映。5年のブランクの後に「ウルトラマン80」が制作されました。

シリーズ化が進む中で、ウルトラマンの故郷である「M78星雲 光の国」や、「ウルトラの父」や「ウルトラの母」、そして「ウルトラ兄弟」というファミリーの概念も確立。それぞれの時代に沿った世界観を導入しながら、新たなファン層にアプローチしていきました。

ウルトラマンシリーズは初期のインパクトが強い事もあって、この時期の作品は見逃されがちですが、再放送での視聴者も多く、この展示も初期作品と同様に人気を呼びそうです。


第3部「ウルトラ兄弟の誕生」

第4部は「ぼくらのヒーローウルトラマン」。ウルトラマンが子どもたちに支持された要因として、ソフビ人形や怪獣図鑑、雑誌などの影響は外せません。

一般の家庭にはVTRも無かった時代。雑誌や玩具などの別媒体によって、ウルトラマンのイメージは広く定着していったのです。

会場では若きクリエーターが手掛けたプラモの箱絵や雑誌グラビアなどを紹介。テレビとは造形の細部が違う作品も見られ、描き手ごとの得意分野もよく分かります。


第4部「ぼくらのヒーローウルトラマン」

ちなみに、会場途中にはちょっと怖い演出も。動線に沿って進むと、死角となる場所に何の案内も無くケムール人が立っています。

背後から光が差し込んで、逆光の中に直立するケムール人。気が弱い方は、お気を付けください。


壁の向こうに進むと…

展覧会は全国巡回。2012年の新潟を皮切りに群馬、広島、愛知、北海道、滋賀、静岡、福岡とまわって横須賀美術館が最終会場となります。期間は夏休みいっぱい、お子さんと一緒にお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月29日 ]

©円谷プロ


 
会場横須賀美術館
開催期間2015年6月27日(土)~8月30日(日)
所在地 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
TEL : 046-845-1211(代表)
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1502.html
展覧会詳細へ ウルトラマン創世紀展 ―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ― 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社