インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ウルトラマン創世紀展 ―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ―

ウルトラマン創世紀展 ―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ―

■全国巡回の最終会場
【会期終了】 昭和の子どもたちを熱狂させたウルトラマンシリーズ。ウルトラQからウルトラマン80までを取り上げ、制作者の情熱と当時の社会文化をひもとく展覧会が、横須賀美術館で開催中です。
カネゴンやウルトラ兄弟が出迎えてくれる楽しいエントランス(このエリアは撮影可能です)。第1部「ウルトラ伝説の始まり」から会場はスタートします。

「ゴジラ」(1954年、東宝)で世界を驚かせた「特撮の神様」こと円谷英二が、TBSと進めたSF特撮シリーズ「UNBALANCE」。各話で不可思議な事件を描く構想で撮影が始まりましたが、途中から怪獣路線に変更。タイトルも「ウルトラQ」に改題されました。

「ウルトラQ」のヒットを受けて制作されたのが「ウルトラマン」。怪獣と互角に戦う正義の味方として生み出された、全く新しいスタイルのヒーローでした。続編の「ウルトラセブン」はさらにSF色を強化。大人も満足させる骨太のドラマが描かれました。


第1部「ウルトラ伝説の始まり」

第2部は「光の国を作った人々」、ウルトラマンシリーズに関わったクリエイター達が紹介されます。

シュルレアリスム画家だった高山良策は、数多くの怪獣着ぐるみを制作。仏像修復などに関わっていた彫刻家の佐々木明は、ウルトラマン、飛行人形、各種プロップなどの立体造形を担当。池谷仙克は怪獣のデザインや美術で活躍しました。

手本がどこにも存在しなかった、ウルトラマンの世界。クリエイターたちは想像力を駆使して、未知の世界を切り開いていきました。


第2部「光の国を作った人々」

第3部は「ウルトラ兄弟の誕生」。ウルトラセブンの終了から2年半。再放送が人気を呼び、新番組として「帰ってきたウルトラマン」が始まります。その翌年から立て続けに「ウルトラマンA」「ウルトラマンタロウ」「ウルトラマンレオ」と放映。5年のブランクの後に「ウルトラマン80」が制作されました。

シリーズ化が進む中で、ウルトラマンの故郷である「M78星雲 光の国」や、「ウルトラの父」や「ウルトラの母」、そして「ウルトラ兄弟」というファミリーの概念も確立。それぞれの時代に沿った世界観を導入しながら、新たなファン層にアプローチしていきました。

ウルトラマンシリーズは初期のインパクトが強い事もあって、この時期の作品は見逃されがちですが、再放送での視聴者も多く、この展示も初期作品と同様に人気を呼びそうです。


第3部「ウルトラ兄弟の誕生」

第4部は「ぼくらのヒーローウルトラマン」。ウルトラマンが子どもたちに支持された要因として、ソフビ人形や怪獣図鑑、雑誌などの影響は外せません。

一般の家庭にはVTRも無かった時代。雑誌や玩具などの別媒体によって、ウルトラマンのイメージは広く定着していったのです。

会場では若きクリエーターが手掛けたプラモの箱絵や雑誌グラビアなどを紹介。テレビとは造形の細部が違う作品も見られ、描き手ごとの得意分野もよく分かります。


第4部「ぼくらのヒーローウルトラマン」

ちなみに、会場途中にはちょっと怖い演出も。動線に沿って進むと、死角となる場所に何の案内も無くケムール人が立っています。

背後から光が差し込んで、逆光の中に直立するケムール人。気が弱い方は、お気を付けください。


壁の向こうに進むと…

展覧会は全国巡回。2012年の新潟を皮切りに群馬、広島、愛知、北海道、滋賀、静岡、福岡とまわって横須賀美術館が最終会場となります。期間は夏休みいっぱい、お子さんと一緒にお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月29日 ]

©円谷プロ


 
会場横須賀美術館
開催期間2015年6月27日(土)~8月30日(日)
所在地 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
TEL : 046-845-1211(代表)
HP : http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1502.html
展覧会詳細へ ウルトラマン創世紀展 ―ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ― 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社