インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある

ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある

■際立つ独創性は、素朴な手法から
【会期終了】 英国を拠点にヴィデオ作品を共同制作するジョン・ウッド(1969-)とポール・ハリソン(1966-)。パフォーマンスやアニメーションなどの要素を取りいれたその作品は、極めて独創的かつユニーク。笑ったり驚いたりするうちに、すっかり彼らの世界に引き込まれてしまいます。日本初の大規模個展が、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]で開催中です。
1989年にバース・カレッジで出会ったふたり。1993年から共同で作品を制作し、英国では大きな個展が開かれるなど注目は高まっています。

日本での活動は、2007年に森美術館「MAMプロジェクト」、2012年にICC「オープン・スペース 2012」、そして2014年には「プライベート・ユートピア ここだけの場所」でも作品を展示。ただ、大規模な個展は今回が初めてとなります。

会場構成はA~Dの4ゾーンで、Aは初期の作品「パフォーマンス」から。1993年に初めて作ったヴィデオ作品が《板》。大きな板を乗り越えたり、滑ったり、支えたり、つぶされたりと、コミカルな動作が淡々と進んでいきます。

Bは「アニメーション」。こちらは人間以外が主役で、テーブル、コピー機、椅子など、身の回りにあるものを用いた映像です。極めて日常的な情景や、予想を裏切る動きなど内容はさまざまですが、どの作品からも独特の空気が感じられます。


A「パフォーマンス」、B「アニメーション」

Cは「物語」。2005年までの作品はすべて固定カメラによるワンショット映像ですが、ここは短いショットを繋ぎ合わせてワンカットのように見せた作品です。少しずつ違う内容が繰り返される事で、時間も空間も永遠に続いていくような、不思議な感覚を覚えます。

Dは「映画」、ふたりは映画が大好きで、映画から多くの影響を受けました。ここには、クラシックな映画でよく使われるシーンをモチーフにしたオマージュ作品など。ハシゴの上から何度も落下する《100回の落下》は、分かっているのに見入ってしまう傑作です。


C「物語」、D「映画」

彼らの映像作品は、最新鋭の技術とは対極にあるような素朴な手法で作られた作品がほとんど。ただ、その独特の存在感は、他の追随を許しません。ネタバレにならないように本項での映像紹介はサワリだけといたしましたが、この魅力をお伝えできているかどうか自信がありません。現代美術が苦手な方に、特に強くお勧めいたします。

作品を全部見ると、4時間強。ただ嬉しい事に、ICCは500円の入場料で会期中1回に限り再入場が可能です。[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年11月26日 ]

John Wood and Paul Harrison: Answers to Questions (英語)John Wood and Paul Harrison: Answers to Questions (英語)

John Wood (アーティスト), Paul Harrison (アーティスト)

Contemporary Arts Museum
¥ 3,667

 
会場NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
開催期間2015年11月21日(土)~2016年2月21日(日)
所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4F
TEL : 0120-144-199(フリーダイヤル)
HP : http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2015/JohnWOOD_and_PaulHARRISON/index_j.html
展覧会詳細へ ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社