インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  原田直次郎展

原田直次郎展

■約100年ぶりの大規模展
【会期終了】 留学先で身に付けた本格的な西洋画で、明治期に活躍した原田直次郎(1863~1899)。日本の近代美術に大きな足跡を残しましたが、回顧展は過去に1度しか開催されていません。約100年ぶりとなる大規模展が全国巡回で実現、埼玉県立近代美術館で開幕しました。
神奈川県立歴史博物館で昨年開催された五姓田義松展、3月23日から始まる黒田清輝展と、相次いで開催されている明治初期の洋画家展。原田直次郎は、年齢的には両者の間です。36歳で死去した事もあって、その実力に比べると知名度はやや低いかもしれません。

生まれは幕末の江戸。父は渡欧歴がある開明的な人物で、原田も幼い頃からフランス語を学んでいました。西洋文化が身近にあった原田は、やがて西洋画の道へ。20歳になる1883年に高橋由一の画塾・天絵学舎に入門します。

会場には原田が描いた高橋由一の肖像画も展示されています(ただ、この作品を描いたのは留学を経て帰国した後です)。



第1章「誕生」

原田は1884年にドイツ・ミュンヘンに留学。当地の美術アカデミーと、画家のガブリエル・フォン・マックスから本格的に油彩を学んでいきます。

美術アカデミーでの修行中に描いたと思われる老人の作品は、既にかなり高い完成度。的確な形態の捉え方と優れた明暗表現で、本格的な技術を身に付けていた事が分かります。

留学研修の結晶といえる作品が、重要文化財《靴屋の親爺》。禿げ上がった額、鋭い眼光。乱れた衣服を気にも留めず、一点を凝視する逞しい職人像は、匂いまで漂ってきそうです。



第2章「留学」

日本における西洋画の広まりを期待し、3年半の留学を終えて帰国した原田。ただ、ちょうど時代はフェノロサと岡倉天心が日本美術の復興を唱えていた時代でした。相対的に洋画は軽んじられ、開校した東京美術学校にも西洋画科は設置されませんでした。

西洋画の普及に向けて奮闘した原田。第3回内国勧業博覧会に出品された《騎龍観音》には批判的な意見も出ましたが、原田を強く援護したのが森鷗外でした。鷗外と原田は留学時代に出会い、生涯にわたり親しく交わっています。



第3章「奮闘」

1889年、原田は自邸に画塾「鍾美館」を開校。本格的な洋画を学ぶために集った輩の中には伊藤快彦、和田英作、三宅克己、大下藤次郎ら、後に日本の画壇を牽引する事になる画家も含まれていました。

ただ、徐々に病魔が原田の身体を蝕み、病の床に伏せるようになります。外出が困難になった原田が縁側で庭を描いた作品は心に響きます。

絶筆と伝わる作品は《安藤信光像》。伏したまま描いたので顔の下の方が大きくなったと伝わりますが、原田の観察眼の確かさを裏付けているようにも思えます。1899年に死去、まだ36歳の若さでした。



第4章「継承」

会場の最後には、子供向けの「原田すごろく」も用意。「靴屋の親爺」に好きなセリフを言ってもらうユニークなパネルもありました。

《靴屋の親爺》と《騎龍観音》はともに重要文化財のため、会場ごとに実物展示が異なります。埼玉では《靴屋の親爺》の方をじっくりお楽しみください(《騎龍観音》はパネル展示です)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年2月16日 ]

※会期中に一部展示替えがあります

原田直次郎 西洋画は益々奨励すべし原田直次郎 西洋画は益々奨励すべし

埼玉県立近代美術館 (監修)

青幻舎
¥ 2,700


■原田直次郎展 に関するツイート


 
会場埼玉県立近代美術館
開催期間2016年2月11日(木)~3月27日(日)
所在地 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
TEL : 048-824-0111
HP : http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=327
展覧会詳細へ 原田直次郎展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社