インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 タイ~仏の国の輝き~

特別展 タイ~仏の国の輝き~

■国王が自ら彫刻した大扉も
【会期終了】 1887(明治20)年、日タイ修好宣言で正式な国交を開いた日本とタイ。今年は修好130周年のメモリアルイヤーです。タイ王国が誇る門外不出の名宝と、選りすぐりの仏教美術を一堂に集めた展覧会が、東京国立博物館に巡回してきました。
人々の暮らしの中に仏教が息づいているタイ。展覧会では長い歴史を通じて育まれた、タイならではの仏教美術を紹介していきます。

まずは第1章「タイ前夜 古代の仏教世界」から。13世紀より前はタイ美術の黎明期にあたり、多様な信仰がタイ文化の土壌となりました。

《ナーガ上の仏陀坐像》は、クメール美術の影響を受けた仏像。竜王ムチリンダが傘になり、瞑想する仏陀を雨風から守っています。


第1章「タイ前夜 古代の仏教世界」

第2章は「スコータイ 幸福の生まれ出づる国」。スコータイは1238年にタイ族がひらいた王朝で、歴代の王は上座仏教を篤く信仰。多くの寺院が建てられ、現在のタイ文化の基礎が築かれました。

展覧会のイメージビジュアルでもある《仏陀遊行像》は、この章で展示。「ウォーキングブッダ」の愛称で知られるように、軽やかに歩みを進める仏陀像です。日本では見れませんが、タイではこの時代に盛んに作られました。


第2章「スコータイ 幸福の生まれ出づる国」

展示物は少ないながら、とても豪華なのが第3章。「アユタヤー 輝ける交易の都」です。14世紀半ばから400年も繁栄したアユタヤー。中東や西洋とも貿易を行い、華麗な金属工芸が発達しました。

ひときわ目を引くのが《金象》。貴人が乗る輿を背に載せ、貴石の飾りも華やかです。高さは15センチほどですが、実は耳が動くように作られています。


第3章「アユタヤー 輝ける交易の都」

第4章は「シャム 日本人の見た南方の夢」。日本とタイの交流は古く、シャムとして知られていました。15世紀から琉球を介した交流が始まり、鎖国時代にも民間交易による通交は続いています。

アユタヤー郊外の日本人町の首領として活躍したのが山田長政。タイの国王にも重用されましたが、最期は暗殺されたと伝わります。


第4章「シャム 日本人の見た南方の夢」

最後の第5章は「ラタナコーシン インドラ神の宝蔵」。現在のバンコク王朝であるラタナコーシンは「インドラ神の宝蔵」を意味します。

ここでの見せ場は《ラーマ2世王作の大扉》。国王のラーマ2世が自ら彫刻したと伝えられ、なんと高さは5.6メートル。さまざまな動物たちが表現されています。

ユニークなのは、タイで作られた日本刀。豪華な意匠で上級貴族に重用されました。


第5章「ラタナコーシン インドラ神の宝蔵」

東京国立博物館では30年ぶりとなるタイの展覧会。《ラーマ2世王作の大扉》は撮影も可能です(フラッシュは不可)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年7月3日 ]

まっぷる タイ・バンコクmini'18まっぷる タイ・バンコクmini'18

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
¥ 1,080


■タイ~仏の国の輝き~ に関するツイート


 
会場東京国立博物館
開催期間2017年7月4日(火)~8月27日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.nikkei-events.jp/art/thailand/
展覧会詳細へ 特別展 タイ~仏の国の輝き~ 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社