インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

■ベラスケスが7点、見応えたっぷり
【会期終了】 スペイン・マドリードにある世界屈指の美の殿堂、プラド美術館。スペイン王家が収集した美術品を中心に、7,000点を超える絵画を所有しています。17世紀のスペイン絵画黄金時代を中心に、プラド美術館の至宝を紹介する展覧会。ベラスケスは過去最多の7点という豪華さです。
2002年、2006年、2011年2015年と、数年おきに開催されているプラド美術館展。質の高い作品は、いつも日本の美術ファンの話題となり、累計で180万人以上がスペイン王家ゆかりの美を堪能しています。

今回はプラド美術館の核といえるベラスケスを中心に据えた企画で、1章「芸術」から。17世紀スペイン絵画の特徴のひとつが、芸術家や芸術作品をモチーフにした絵画。ベラスケスによる《フアン・マルティネス・モンタニェースの肖像》も、制作中の彫刻家を描いた作品です。

2章「知識」では《メニッポス》に注目。古代ギリシアの大哲学者ですが、ベラスケスは外套を羽織った貧しい老人として描きました。高尚な精神と世俗の富は相容れません。

3章は「神話」。17世紀スペインはカトリック圏のため、神話画における裸体の表現はご法度。ただ、王宮や貴族の邸宅には裸体画ばかりを集めた部屋があり、特定の人は鑑賞が許されていました。《音楽にくつろぐヴィーナス》は、ティツィアーノならではの官能的な表現が光ります。


1章「芸術」、2章「知識」、3章「神話」

4章「宮廷」の冒頭にある作品が、ベラスケスによる《狩猟服姿のフェリペ4世》。ベラスケスはフェリペ4世の信頼を得て、側近として重用されました。アゴが出ている王の顔貌は、ハプスブルク家の象徴ともいえます。よく見ると、描き直しの跡も各所に確認できます。

5章は「風景」。17世紀スペインでは、風景画は劣勢でしたが、他の地域からの流通もあり、徐々にその環境は整ってきました。展覧会メインビジュアルの《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》は、この章に登場。愛らしい王太子が印象的ですが、背後には山並みが写実的に描かれています。


4章「宮廷」、5章「風景」

6章の「静物」が絵画ジャンルとして定着したのは、1600年頃から。最近、展覧会で紹介される事が多いヤン・ブリューゲル(父)の花卉画も、典型的な静物画の作例です。スペインの静物画は「ボデゴン」と呼ばれます。

7章は「宗教」。宗教改革によって興隆したといえる、宗教画。偶像崇拝を否定するプロテスタントに対し、カトリックは聖像の崇敬を擁護。宗教主題を現実的に解釈した写実的な絵画が、次々に生まれたのです。スペイン絵画をはじめ、フランドルのルーベンス、イタリアのグイド・レーニらも含め、カトリック圏の作品が並びます。

また「芸術理論」というテーマでは、美術理論書のオリジナル初版本などが、1~7章内の各所で、関連する絵画作品とともに紹介されています。


6章「静物」、7章「宗教」

写真と動画をご覧いただければ分かるように大きな作品も多く、重量感あふれる展覧会。国立西洋美術館の雰囲気にもピッタリはまっていて、いかにも「美術展を見た」という、充実のひとときを味わえると思います。

東京展は5月27日まで。続いて兵庫県立美術館に巡回します(6月13日~10月14日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年2月23日 ]

ベラスケスとプラド美術館の名画ベラスケスとプラド美術館の名画

中央公論新社 (編集)

中央公論新社
¥ 1,620

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 に関するツイート


 
会場国立西洋美術館
開催期間2018年2月24日(土)~5月27日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://artexhibition.jp/prado2018/
展覧会詳細へ プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「琉球 美の宝庫」
琉球 美の宝庫
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
「ショーメ」展
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
東京国立博物館「特別展「縄文―1万年の美の鼓動」」
「縄文」展
神奈川県立歴史博物館「明治150年記念 真明解・明治美術」
真明解・明治美術
静嘉堂文庫美術館「─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物」
明治からの贈り物
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」
深堀隆介
太田記念美術館「落合芳幾」
落合芳幾
国立歴史民俗博物館「企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」」
おみやげ博物誌
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」
クレパス画展
出光美術館「「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ」
都市の華やぎ
千葉市美術館「木版画の神様 平塚運一展」
平塚運一
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
大阪歴史博物館 「明治維新150年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」」
[エリアレポート]
西郷どん
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル 肖像芸術
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 生誕110年 田中一村展 フェルメール展
縄文―1万年の美の鼓動 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 特別展 人形師 辻村寿三郎 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018 スタート!!
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社