インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  浮世絵モダーン 深水の美人! 巴水の風景! そして・・・

浮世絵モダーン 深水の美人! 巴水の風景! そして・・・

■めくるめく「浮世絵モダーン」の世界へ
【会期終了】 浮世絵版画は江戸から明治にかけて、庶民が鑑賞できる数少ない美術でした。浮世絵が衰退しつつあった大正時代に、その復興を目指して伊東深水や川瀬巴水らが取り組んだ作品を紹介する展覧会が、町田市立国際版画美術館で開催中です。
展覧会タイトルの「浮世絵モダーン」は、本展独自の呼称。浮世絵版画の復興を目指して大正時代~昭和10年代まで制作・出版された伝統木版の事で、通常は「新版画」と呼ばれています。本展では、その「浮世絵モダーン」を5章で紹介します。

江戸後期以降の浮世絵は美人、役者、風景の三つがメイン。第1章「女性」は、最先端の風俗やファッションを描いた美人画といえます。

展覧会メインビジュアルの伊東深水《対鏡》は、黒と紅、そしてうなじの白と、三色のコントラストが映える作品。深水は『深い紅と黒髪からのぞく襟足の美しさを表現することを主眼とした』と語っています。

続く第2章「風景」には、どこか郷愁を誘う日本の原風景が並びます。川瀬巴水の《旅みやげ第二集 金沢下本多町》は、青々と茂った巨木の下に華奢な女性が描かれた作品。鮮やかな夏の色合いは、ひと際目を惹きます。


1章「女性」、2章「風景」

第3章「役者」は、歌舞伎や新派の作品が展示されています。新版画の役者絵といえば、山村耕花や名取春仙ら。版元の渡邊庄三郎の求めに応じて、大正期の芸術思潮を反映させた、近代の役者似顔絵を大成させました。

続く第4章では、西洋絵画の写実的表現を意識した、近代花鳥版画の新たなる可能性を示しています。高橋松亭の花鳥版画は、名所絵という設定や、遠近法の強調などが、歌川広重『名所江戸百景』の影響を見せています。ただ全体としては、西洋的な情景描写へ傾斜していることが確認できます。

最後の5章「自由なる創作」では、従来の三大画題を踏まえながらも、より個性を重視した作品が多く登場します。大正から昭和前期の社会や風俗など、その時代の様子を自由に表現しています。


3章「役者」、4章「花鳥」、5章「自由な創作」

開館30周年を迎えた町田市立国際版画美術館の節目の展覧会。出品総数は前期・後期合わせて約300点と大ボリューム、常時約230点の作品が並びます。展示替えについては、公式サイトの出品リストをご確認ください。

本展の後に、三重県のパラミタミュージアムに巡回します(12/6~2019年 1/14)。


[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年4月20日 ]

浮世絵鑑賞事典浮世絵鑑賞事典

高橋 克彦(著)

KADOKAWA
¥ 1,469


■町田市立国際版画美術館 に関するツイート


 
会場町田市立国際版画美術館
開催期間2018年4月21日(土)~6月17日(日)
所在地 東京都町田市原町田4-28-1
TEL : 042-726-2771
HP : http://www.hanga-museum.jp/
展覧会詳細へ 浮世絵モダーン 深水の美人! 巴水の風景! そして・・・ 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
東京国立博物館「マルセル・デュシャンと日本美術」
M・デュシャン
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
出光美術館「江戸絵画の文雅 ― 魅惑の18世紀」
江戸絵画の文雅
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 没後50年 藤田嗣治展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア
江戸絵画の文雅 ―魅惑の18世紀 クリムト展 ウィーンと日本 1900 フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社