インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行

石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行

■あのモナリザが美術館に!
【会期終了】 現代美術評論からはじまり、マンガ、演劇、芸能…果てはガラクタとしか思えないようなものまでを対象に、独自の視点で昭和40年代を席巻した異色の評論家・石子順造。美術館で美術評論家を紹介するという異色の展覧会が、府中市美術館で開かれています。
会場は「美術」「マンガ」「キッチュ」の3章構成。さまざまなジャンルに関った石子の姿勢を、横断的に読み解いていきます。

最初の「美術」コーナーの奥では、石子が企画に携わり、その考えが大きく反映された1968年の「トリックス・アンド・ヴィジョン」展が一部再現されています。

「だまし絵」的な作品を集めた同展。「絵を見る」ことは“布に置かれた絵の具を見て空間を認識しているだけ”という発想から、錯覚を利用しただまし絵を見せることによって、「絵を見る」ことは単なる約束ごとに過ぎない、ということを示しています。


「トリックス・アンド・ヴィジョン」展から、飯田昭二の「HALF & HALF (ピンポン玉)」。左右から見ることで、ピンポン玉が黄色だけになったり、白だけになったりする。

「マンガ」コーナーの目玉は、つげ義春「ねじ式」の原画一話分。展覧会で紹介されるのは初めてで、これを目当てにくる来館者も多いそうです。

手前にはマンガの単行本を吊るして展示しているコーナーもあり、来館者は自由に手に取って読むことができます。マンガを展示品にするのではなく、実際に石子が評論した作品を、石子と同じように体験して欲しい、という狙いです。


つげ義春「ねじ式」の原画展示

最後は「キッチュ」のコーナー。石子はキッチュの概念を初めて日本に紹介した人物としても知られています。観光地のペナント、ビラやチラシ、銭湯のペンキ絵、食品サンプル…およそ美術品とは縁遠い品々が並びますが、それぞれに石子の考えが示されています。

例えばモナリザグッズ。モナリザが名画なのは“当たり前”であるため、モナリザを使ったグッズは数多く作られていますが、なぜ“当たり前”なのか。“当たり前”によって人は縛られているのではないか、という思考に沿った展示です。


華々しい「キッチュ」の展示室は見ものです

無節操にすら思えるほどの多彩な展示品も、各々の解説を読むと、明快な石子の思想が浮かび上がってきます。公立の美術館としてはかなり珍しい企画だと思いますが、企画側の熱意が伝わってくる意欲展といえるでしょう。ちなみに、画材店・世界堂のモナリザ広告は「これを美術館で展示するのが夢だった」(担当学芸員の成相氏)とのことです。

 


最後に、府中市美術館についてご紹介します。都立府中の森公園内にある同美術館は、2000年4月の開館。誰でも気軽に楽しめるように、全館バリアフリーの施設です。作家の公開制作も頻繁に行われており、本展でも同時開催として、横尾忠則氏により公開制作が行われています。

館のオフィシャルキャラクター「ぱれたんとむら田」は、インターネットミュージアムの2010年ミュージアムキャラクターアワードで2位に輝いた人気キャラです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年1月13日 ]
 
会場府中市美術館
開催期間2011年12月10日(土)~2012年2月26日(日)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会詳細へ 石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社