インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展

■そのレースの価値、なんと宝石と同等
【会期終了】 王侯貴族たちの間で富と権力の象徴として流行し、歴史上、常に重要な価値を持ったレース。世界的なアンティーク・レースのコレクターで鑑定家でもあるダイアン・クライス氏の数万点のコレクションのうち、16世紀から19世紀の作品を中心に、渋谷区立松濤美術館で展示されています。
現在では機械織りが主流になったレース。「アンティーク・レース」は、熟練した職人たちが長い年月をかけ、手作業で制作した一級品です。

第1章「誕生と変遷」では、「ニードルポイント・レース」と「ボビン・レース」の変遷を紹介。その技術は、宮廷文化が花開く18世紀に究極まで高められました。

ニードルポイント・レースは、刺繍職人の技術が基になっています。この技術は名前の通り、針を刺してレースを作る技法です。

ボビン・レースは、織り上げた布が端から糸がほつれないよう装飾として処理するため、経糸を交差させて組む房結びの技法が発展したものです。

どちらも浮かび上がった模様は、薄くて繊細。その背景には気の遠くなるような熟練した職人たちの技が垣間見えます。


1章「誕生と変遷」、2章「レースに表現されるもの」、3章「王侯貴族のレース」

続く第2章「レースに表現されるもの」では、技法が発展し、自由な運びが可能となった糸が織りなす様々なモチーフが紹介されます。

動植物のほか、王侯貴族から農夫といった人々から天使や神仏にいたるまで、多くのモチーフが表されています。

第3章「王侯貴族のレース」は、名だたる王侯貴族たちを魅了した美しいデザインのレースが並びます。

才女と言われたルイ15世の公妾・ポンパドゥール夫人は、当時のファッション・リーダーでした。彼女の袖口を彩ったとされるアンガジャントも展示されています。

かつての王侯貴族たちの肖像画を見ると、襟元や袖口などに精緻なレースが描かれています。レースを装うことは、美意識の高さも表しています。


4章「キリスト教文化に根付くレースの役割」、5章「ウォー・レース」

第4章「キリスト教文化に根付くレースの役割」では、冠婚葬祭をはじめとした庶民の暮らしにも浸透したレースが紹介されます。

19世紀まで洗礼服は色鮮やかで豊かでしたが、王室や貴族の子どもだけは、白で洗礼を受けました。白は、無垢や純粋さ、神との一体感を象徴した色といわれています。

また亡くなった妻の髪の毛で編んだレースも展示。よく見ると妻の名前が編まれています。こちらはぜひ、無料貸出されている単眼鏡を使ってご覧ください。

第5章「ウォー・レース」では、第一次世界大戦中にベルギーで生まれたレースが並びます。

ウォー・レースには従来のレースとは違い、ベルギーの国章や味方の連合国の紋章、平和の象徴がモチーフとして描かれています。政治的な意味が込められた、珍しいレースといえます。

横浜、京都と巡回した展覧会は東京会場で最後。職人たちが手で作った精緻なレースの世界を間近で見る最後のチャンスです。お見逃しなく。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年60月11日 ]


 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2018年6月12日(火)~7月29日(日)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : http://www.shoto-museum.jp
展覧会詳細へ ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
森アーツセンターギャラリー「週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」
ジャンプ展VOL.3
国立新美術館「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」
「JOJO」展
国立科学博物館「特別展「昆虫」」
特別展「昆虫」
泉屋博古館分館「特別展 狩野芳崖と四天王 ─近代日本画、もうひとつの水脈─」
狩野芳崖と四天王
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
太田記念美術館「没後160年記念 歌川広重」
歌川広重
根津美術館「禅僧の交流―墨蹟と水墨画を楽しむ―」
禅僧の交流
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
横浜美術館「モネ それからの100年」
「モネ」展
マジック・ランタン 光と影の映像史
マジック・ランタン
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
東京富士美術館「長くつ下のピッピの世界展 ~リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち~」
ピッピの世界展
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン
静岡県富士山世界遺産センター
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
大阪文化館・天保山(海遊館となり)「画業50年‟突破”記念 永井GO展」
[エリアレポート]
永井GO展
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕110年 東山魁夷展 特別展「仏像の姿」~ 微笑む・飾る・踊る~ 特別展「王立宇宙軍 オネアミスの翼展 SFアニメができるまで」 生誕110年 東山魁夷展
フェルメール展 アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然 鴻池朋子「ハンターギャザラー」 入江明日香展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 《萱草遊狗図》 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社