インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「昆虫」

特別展「昆虫」

■虫嫌いなんて、もったいないです
【会期終了】 夏の子どもといえば「虫取り網で昆虫採集」という感覚は、遠い昭和のノスタルジー。都市化の進行にあわせるように、虫に触れない子ども増えているそうです。ただ、敬遠していてはもったいない。世界中の環境に適応し、著しい多様化を遂げた昆虫は、実に多くの魅力にあふれています。昆虫をテーマにした大規模展が、国立科学博物館で開催中です。
意外にも、国立科学博物館で「昆虫」をテーマにした展覧会が開かれるのは、本展が初めて。昆虫好きで知られる俳優・香川照之さんのインパクト溢れるポスターも話題になっています。

会場は5章構成で、第1章では昆虫の巨大模型がお出迎え。ミツバチ、クワガタ、セミなどが約2mに拡大されました。見慣れた昆虫ですが、拡大すると口の形や羽の付き方など、各々がとても特徴的。360度まわってご覧ください。

第2章は「昆虫の多様性」。昆虫の種類は約100万種と、地球上に生息する生物種の半数以上が昆虫です。姿かたちは多様化し、用途不明のツノを持つツノゼミ、異様に首が長いオトシブミなど、珍しい昆虫も紹介されています。

この章の注目が「Gの部屋」。Gではじまる昆虫といえば、もちろんアレ。嫌われものの「G」ですが、大部分は森林に住んでいて、朽ち木や落ち葉を食べるなど、生態系において重要な役割を担っています。展示されているものも、一般的なイメージとはかなり異なります。


第1章~第2章

第3章は「昆虫の生態」。南極を含めて(!)全ての大陸で生存している昆虫。特定の種は特定の環境でしか見られない事が多く、その生態もさまざまです。ここでは「食べる」「住む」などのキーワード別で、その違いを掘り下げていきます。

第4章は「昆虫の能力」。地球40億年の歴史の中で、大気中を飛べるようになった初めての生物が、昆虫。また昆虫の中には、人間には見えない光(偏光)を感知できる種もいます。とても「虫けら」などとは呼べません。

第5章は「昆虫研究室」。「虫捕り」は多くの人が親しんできた遊びですが、これこそ昆虫研究の第一歩。研究者も目的に応じて、最も適した手法で昆虫を採集し、適切な形で標本にします。会場の壁面を埋め尽くす、貴重な昆虫標本コレクションは圧巻です。

展示は第2会場にも続き、モニター画面上で、ぐるぐる回して見られる3Dの昆虫画像などが紹介。会場最後には‘昆活マイスター’香川照之の展示コーナーもあります。


第3章~第5章

開幕以降、多くの来場者で賑わっている特別展「昆虫」。昆虫をテーマにした展覧会としては、過去最大規模の動員数となっています。

他館への巡回はなく、科博だけでの開催となりますので、お見逃しなく。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月12日 ]

カブトムシ 育てて、しらべる 日本の生きものずかん 5カブトムシ 育てて、しらべる 日本の生きものずかん 5

野村 周平(監修),Cheung ME(イラスト),佐藤 裕(写真)

集英社
¥ 1,296

 
会場国立科学博物館
開催期間2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.konchuten.jp/
展覧会詳細へ 特別展「昆虫」 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社