インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  モネ それからの100年

モネ それからの100年

■革新の波及
【会期終了】 世界中から愛される印象派の巨匠、クロード・モネ(1840-1926)。革新的な作品はモダニズムへの扉を開き、後の作家にも大きな影響を与えました。初期から晩年までのモネの作品と後世代の作品を一堂に会して、モネの先進性を改めて検証する展覧会が、横浜美術館で開催中です。
それまでの本流だったアカデミズムの絵画に反旗を翻し、最終的に絵画の流れを変えた印象派。モネはまさに、印象派を代表する存在です。

展覧会は、日本初公開の作品を含むモネの絵画25点とともに、アメリカ抽象表現主義から現在活躍中の作家まで26作家の作品を展示。全4章構成で、両者を対比するように見せていきます。

第1章は「新しい絵画へ 立ちあがる色彩と筆触」。モネのキャリア前半の作品群(印象派期を含む)と、関係性が深い後世代の作品が紹介されます。

パレットで色を混ぜない「筆触分割」により、眼前の光景の再現を目指したモネ。ウィレム・デ・クーニング(1904-1997)による対象を瞬時に画面に定着させた作品も、印象派の継承として見る事ができます。

第2章は「形なきものへの眼差し 光、大気、水」。モネが生涯をかけて追及したのが、大気や光など形がないものの表現。ドイツの現代美術家、ゲルハルト・リヒター(1932-)も、Schein(シャイン:光/仮象)は重要なテーマ。水野勝規(1982-)は映像を用いて、印象派的な表現を試みています。



第3章「モネへのオマージュ さまざまな「引用」のかたち」は、モネ以外の作品だけで構成されています。

ポップ・アートのロイ・リキテンスタイン(1923-1997)は、「積みわら」や「睡蓮」を描いた作品を制作。モチーフはもちろんですが、ドットで描くスタイルも筆触分割の発展形として捉えられます。

第4章は「フレームを越えて 拡張するイメージと空間」。晩年のモネは視力が衰えるなか〈睡蓮〉の連作に没頭、ついにオランジュリー美術館の《睡蓮》大装飾画に到達します。

福田美蘭《睡蓮の池》は、本展に向けた最新作。レストランからの夜景とガラスに写り込んだ店内。モネが描いた反復のイメージを、人工の光で表現しました。

時代を超えてモネと後世代を結びつける、ユニークな企画。直接的な影響が分かる作品だけでなく、やや変化球気味の作品からモネの影響を推察する鑑賞方法もおすすめいたします。

モネについてあまり詳しくない方、または復習したい方は、公式サイトの「ジュニアガイド」がおすすめ。ジェットコースターのような人生が、マンガで楽しく解説されています。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月13日 ]

もっと知りたいモネ―生涯と作品もっと知りたいモネ―生涯と作品

安井 裕雄(著),高橋 明也(監修)

東京美術
¥ 1,944

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場横浜美術館
開催期間2018年7月14日(土)~9月24日(月・祝)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : http://monet2018yokohama.jp/
展覧会詳細へ モネ それからの100年 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社