インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―

巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―

■「子ども向け」は、大きな誤解です
【会期終了】 1925年(大正14)、日本で誕生したクレパス。当初から児童教育の現場で使われたため「子ども向けの画材」というイメージが強いですが、その優れた特性により、想像以上の多彩な表現が可能です。文化勲章受章者など、超一流の画家がクレパスで描いた作品を紹介する展覧会が、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中です。
線描に向いていますが、重ね塗りや混色ができないクレヨン。繊細なグラデーション表現や混色が可能ですが、紙の上での定着に難があるパステル。両者の良いところを合わせ持つ画材として開発されたのが、クレパスです。

クレパスの普及に大きく寄与したのが、洋画家の山本鼎(やまもとかなえ)。山本は児童画の教育において、手本を模写させていた臨画教育から、感じたままに描かせる自由画教育への転換を推進。描きやすいクレパスは、教育現場に広まっていきました。

本展は、サクラアートミュージアムが所蔵するクレパス画を紹介するもの。サクラクレパスは戦後から1960年代にかけて、当時すでに大家とよばれていた作家に声をかけて、クレパスによる絵画制作を依頼。この流れは、現在でも続いています。

会場には日本近代美術史に残る巨匠から、新進気鋭の現代美術家まで、多彩な顔ぶれによるクレパス画がずらり。いくつかご紹介しましょう。

寺内萬治郎(1890-1964)は日本芸術院会員。「裸婦の寺内」と称される的確な人体表現は、クレパスでも見事に表現されています。

展覧会には洋画家だけでなく、彫刻家や版画家の作品があるのも特徴的。先日、100歳で亡くなった浜田知明(1917-2018)のクレパス画もあります。

「太陽の塔」で知られる岡本太郎(1911-1996)のクレパス画は2点展示。岡本太郎は、どの画材を使っても、岡本太郎になります。

気鋭の作家では、入江明日香(1980-)や絹谷香菜子(1985-)など。繊細な描写はクレパス画とは思えませんが、さまざまな道具を使う事により、クレパスはさらに表現の幅を拡げる事が可能です。



絵具と違い、乾きを待つ必要が無いクレパス。半分に折って短くしたクレパスの側面を使う事で面描が可能で、厚く塗り込むとクレパス特有のしっとりとした塗面が得られます。絵具と違って何色混ぜても色が濁らないのもポイント。経年劣化によるダメージにも強い、極めて優秀な描画材料なのです。

ここまで読んで自分でも描きたくなった方は、1階ロビーの「クレパス画体験コーナー」へ。ゴッホ「ひまわり」のぬり絵など、色々なクレパス画が体験できます。事前申し込みの必要はなく、当日自由参加が可能、しかも無料です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月13日 ]

※作品はすべてサクラアートミュジアム蔵


料金一般当日:1,000円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
開催期間2018年7月14日(土)~9月9日(日)
所在地 東京都新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.sjnk-museum.org
展覧会詳細へ 巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社