インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……

連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか……

■俺は……この目で見た展覧会しか、信用した事がない…
【会期終了】 孤高の超A級スナイパー、ゴルゴ13。握手をしない、背後に回った人を攻撃する、女性にめっぽう強い…あまりにも特徴的なそのキャラは、某財務大臣から床屋のお客まで、幅広い世代に支持されています。ゴルゴの連載が始まってから半世紀、記念の展覧会が川崎市市民ミュージアムに巡回してきました。
「ビッグコミック」(小学館)でゴルゴ13の連載が始まったのは、1968年11月。半世紀にわたって一度の休載も無く連載は続いており、まさに国民的な漫画作品といえる存在です。

一説によると、床屋に置いている漫画のランキングで、圧倒的な1位がゴルゴ13。特に男性なら、一度は読んだ事があると思います。

ゴルゴ13の原画は、これまでも展覧会で紹介された事がありますが、今回は連載50年を記念した特別展。初公開の原画のほか、門外不出のモデルガンなど貴重な資料を揃え、ゴルゴファンにはたまらない展覧会となりました。

早速、39点の原画が並ぶ第1章「軌跡」からご紹介しましょう。記念すべき第1話は「ビッグ・セイフ作戦」、若き日のゴルゴは軽口も叩きます。173話「沸騰」の扉絵は出版時に修正されたため、展示作は「幻の扉絵」といえます。

第2章は「狙撃」。ゴルゴ愛用のライフル「アーマライトM16」を実際に構えて、スコープを覗けるコーナーが用意されました。ずっしりと重いアーマライトM16で、ゴルゴは数々の奇跡的な狙撃を成し遂げています。

第3章は、ゴルゴ13のもうひとつの魅力といえる「女性」。ゴルゴと夜をともにした(昼間もありますが)100人の女性が、壁一面に紹介されています。

女性が中心になったタイトルで、特に人気が高い作品が、第81話「海へ向かうエバ」。ニースで再び肌を合わせた、男女の殺し屋。偶然の再会を喜ぶエバに対し「いや…偶然じゃあない!…」。短編映画のように、味わい深い傑作です。

第4書は「制作」。さいとう・プロダクションは、早い時期から漫画制作に分業制を導入。この開明的な考え方が、長期に渡ってクオリティの高い作品を発表し続ける事に繋がっています。ここではさいとう・たかを氏のワークルームも再現されており、等身大のゴルゴ像と記念撮影できます。

第5章は「人気」。知名度が高いゴルゴ13は、省庁や企業のポスターにもしばしば登場。外務省とのコラボ「ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル」は、この4月に動画版も公開されました。ゴルゴが「たびレジ」(海外の安全情報などが受け取れる、外務省のサービス)を勧めるなど、そのシュールさも魅力です。



会場各所には、ゴルゴの名言を用いた説明パネルも。「観覧券を出してもらおう……俺はそれ以外の取引はしないことにしている」と、会場冒頭からユーモアたっぷりです。

また、本展はグッズも魅力的。公式サイトではTシャツ、ライター、アイマスクなどが紹介されていますが、トートバッグ、キーホルダー、ステッカーなど他も多数。ファンの方は、財布の中も余裕をもってお越しください。

展覧会は大阪からスタートし、岩手を経て川崎へ。首都圏での開催は、川崎市市民ミュージアムのみの予定です。この後は、下関市美術館に巡回します(2019年2月日~3月24日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年9月21日 ]

さいとう・たかを「ゴルゴ13」イラスト画集さいとう・たかを「ゴルゴ13」イラスト画集

さいとう たかを(著)

小学館
¥ 5,940

 
会場川崎市市民ミュージアム
開催期間2018年9月22日(土)~11月30日(金)
所在地 神奈川県川崎市中原区等々力1-2
TEL : 044-754-4500
HP : https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/13382/
展覧会詳細へ 連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…… 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社