インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  明治150年記念 日本を変えた千の技術博

明治150年記念 日本を変えた千の技術博

■貴重な歴史的資料がずらり
ちょうど150年前の明治改元。当初は西洋と大きな差がありましたが、近代化を進めて多くの分野で世界レベルを達成。敗戦後も焼け野原から立ち上がり、驚異的なスピードで経済大国となりました。現在の日本を築いたさまざまな科学・技術を紹介する展覧会が、国立科学博物館で開催中です。
幾多の困難を乗り越えて、世界有数の豊かさを手に入れた日本。その要因のひとつが、科学・技術の進展です。展覧会では600点超の資料で、日本を変えた科学・技術を紹介していきます。

会場は8章構成で、さらに各章が2~7つに分類。時代もジャンルもかなり幅が広いので、ここでは特に目についたものに絞ってご紹介しましょう。

まずは「学校」。現在の物理学は、幕末には「窮理(きゅうり)」と呼ばれていました。窮理は西洋の科学技術を象徴する存在とみなされ、ブームのように広まっていきました。

庁舎などで西洋建築が広まると、その技術を知らなかった日本人の棟梁たちは、在来の工法で洋風らしさに挑戦します。清水建設の清水喜助、鹿島建設の鹿島岩吉らも、そのひとりです。

庶民の生活が大きく変わるきっかけになったのは、家庭電化製品です。ただ、日本で初めて芝浦製作所が電球付電気扇を製造した1894(明治27)年には、ほとんどの家に電気は来ていませんでした。家庭電化製品の国内生産は、1930(昭和5)年頃に最高潮に達しています。



世界に冠たる日本の自動車メーカー。戦前の改進社や白楊社はその先駆けです。戦後になってさまざまな技術開発が進むと、ロータリーエンジンやCVCCエンジンなど、世界を驚かせる独自の技術も誕生しました。

地震や台風など、自然災害が多い日本ですが、度重なる経験は防災技術の発展につながりました。コンピューターを使った設計により、超高層ビルの建築も可能に。1968(昭和43)年の霞が関ビルディングは、その後の超高層ビル建設のスタンダードになりました。

世界初の携帯型ステレオカセットプレーヤは、ご存じウォークマン。今ではあたり前の「音楽を一人でどこでも楽しむ」事は、ウォークマンが登場するまで、あり得ませんでした。技術が文化を変えた顕著な例です。

電子式の卓上計算機が普及したのは1970年代。それまでは、物差しをずらして使う「計算尺」が使われてきました。日本の竹を用いたヘンミ計算尺は使い勝手が良く、世界中に普及しています。

「HITAC5020」は、1964(昭和39)年に開発された、日本初の大型汎用電子計算機。内部の配線は凄まじく、技術者の執念がにじみ出ているようです。当時は外国機とも遜色ない性能を誇りましたが、もちろん現代のパソコンとは比較になりません。

会場には重要文化財をはじめ、化学遺産、機械遺産、情報処理技術遺産、でんきの礎、未来技術遺産と、科学系の貴重な歴史的資料も多数展示。発明や発見にまつわるエピソードもあわせてお楽しみいただけます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月29日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立科学博物館
開催期間2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://meiji150.exhn.jp
展覧会詳細へ 明治150年記念 日本を変えた千の技術博 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社