インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別企画「斉白石」

特別企画「斉白石」

■「人民芸術家」がトーハクへ
【会期終了】 中国で優れた芸術家に贈られる栄誉称号「人民芸術家」を与えられた、斉白石(せい はくせき:1864-1957)。現代中国では最も有名な画家の一人です。今年は、日中平和友好条約の締結40周年。それを記念する展覧会が、東京国立博物館の東洋館4階8室で開催中です。
日本ではあまり知られていない斉白石。清時代の同治2(1864)年に生まれ、1957年に没した白石は、清、中華民国、中華人民共和国の3つの時代を生きました。詩、書、画、印という4つの分野に精通し、中国近代絵画の巨匠として親しまれている人物です。

1921年~1929年に計5回開催された「中日聯合絵画展覧会」で、4回にわたって作品を出展。力強い筆線と明るく華やかな色彩が、当時の日本人の心を掴み、好評を博しました。

今回の展覧会では、中国で最も古く大規模な美術アカデミー・北京画院が所蔵する、白石の名品を一堂に紹介。花、魚、蝦などの愛らしい生物と、ユーモラスに描かれた人物画が展示されています。



白石芸術の代表的な画題となる花木。貧農生まれで少年期は病弱だった白石は、力を要する農作業ができませんでした。両親は手工芸を学ばせて一家の生計の足しとすることとし、白石は10代後半から、指物師として働き始めました。

白石は、幼いころから絵を描くことを好みました。梅や竹などの祝賀の伝統文様を用いて、新しい図柄を考案し、称賛の声を浴びました。

故郷・湘潭の郷紳(きょうしん:君主制下の中国で、高い地位を有する人)だった胡沁園に師事。白石、27歳の時でした。胡沁園から、鳥の描写には「活(躍動感)」が大切であると学び、大胆な構図であしらわれた花木に、精緻な筆遣いで鳥獣を描いた作品を多く残しています。

100年近い生涯の晩年は、多くの人に慕われたものでした。中央に展示されている写真では、人々に囲まれている白石の姿を紹介。昔から中国で愛されている人物であることを、うかがわせる一枚です。

本展の後に、京都国立博物館に巡回(1/30~3/17)。出展内容を一部変更しての展示となります。

※《書斎》以外の写真は、すべて前期展示作品。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年10月29日 ]

東洋美術をめぐる旅:東京国立博物館 東洋館東洋美術をめぐる旅:東京国立博物館 東洋館

東京国立博物館(著)

平凡社
¥ 1,728

 
会場東京国立博物館
開催期間2018年10月30日(火)~12月25日(火)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.tnm.jp/
展覧会詳細へ 特別企画「斉白石」 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
顔真卿 王羲之を超えた名筆 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
フェルメール展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア 山口晃 「昼ぬ修羅」 フィリップス・コレクション展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社