インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  起点としての80年代

起点としての80年代

■現代への萌芽
【会期終了】 「具体」が活躍した60年代。「もの派」に代表される70年代。では、80年代は? いまだ歴史化されていなかった80年代の日本の現代美術を検証する動きが、ここにきて見え始めました。この時代の美術を現代につながる「起点」として捉えた展覧会が、静岡市美術館で開催中です。
バブル景気に向けた消費社会の若々しさの中で、美術の世界でも、それまで主流だった禁欲的な表現が一気に弾けた80年代。ただ、その方向性はあまりにも多彩で、80年代美術を塊としてとらえる動きは少なかったように思われます。

本展は80年代の表現を、現在の視点で見つめ直すもの。今日の美術につながる事象を4章構成で捉え、懐古的ではなく、80年代美術の意義を検証していきます。

エントランスに鎮座するのは、中原浩大による巨大な彫刻《夢殿》。荒々しい油土のテクスチャは、中原が現地で仕上げました(オリジナルは1984年)。

1章は「メディウムを巡って」。思想や理念が先行していた前の時代に対し、「絵画・彫刻の復権」が謳われた80年代。もちろん、そのまま伝統に戻るのではなく、新たな表現が模索されました。この章はエントランスの中原浩大のほか、岡﨑乾二郎、諏訪直樹、辰野登恵子、戸谷成雄、中村一美の作品が並びます。

2章は「日常とひそやかさ」。「美術」に代わり「アート」という言葉が広まったこの時代。日比野克彦の段ボール作品は、日常にアートが溶け込むようになった80年代を象徴しています。一方でバブル景気と相対するように、ひそやかな感性に根差した作品も。舟越桂の半身像が象徴的です。この章は日比野、舟越の他に、今村源、杉山知子、吉澤美香です。



3章は「関係性」。現代アートにおいて、表現に観客が関わる「リレーショナル・アート」は、あたり前になりましたが、その萌芽は80年代に見出せます。川俣正のプロジェクトは、アートと社会を結び付ける先駆的な試みといえるでしょう。この章は他に、宮島達男、藤本由紀夫、松井智惠です。

4章は「記憶・アーカイヴ・物語」。モダニズムが否定した「物語性」を取り戻すのは、この時代の美術の関心事の一つ。欧米では新表現主義/ニュー・ペインティングの動きがありました。個人を作品に取り入れた顕著な例が、セルフポートレートの森村泰昌。画家へ転向した横尾忠則も、個人的な記憶をモチーフにしています。この章は他に、石原友明、大竹伸朗です。

この項では、昨年12月~今年1月に国立国際美術館で開催されていた「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」もご紹介しましたが、巡回展である本展のほうがスタートは先。昨年7月に金沢21世紀美術館で開幕、高松市美術館を経て、静岡市美術館が最終会場です。

現在でも活躍中の作家も多く、各々の若い頃の作品展という側面でもお楽しみいただけます。東京には巡回しませんので、ご注意ください。

1980年代生まれの人は800円で観覧できる「80年代割引」や、ほぼ同時期に静岡県立美術館で開催される「1968年 激動の時代の芸術」展(2/10~3/24)との相互割引も実施中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月8日 ]

起点としての80年代起点としての80年代

金沢21世紀美術館(編集),高松市美術館(編集),静岡市美術館(編集)

My Book Service Inc.
¥ 3,510

料金一般当日:1,100円 ほか
※1980~1989年生まれの方は800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場静岡市美術館
開催期間2019年1月5日(土)~3月24日(日)
所在地 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
TEL : 054-273-1515
HP : http://www.shizubi.jp/
展覧会詳細へ 起点としての80年代 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
江戸東京博物館「士
士 サムライ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社