インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  起点としての80年代

起点としての80年代

■現代への萌芽
「具体」が活躍した60年代。「もの派」に代表される70年代。では、80年代は? いまだ歴史化されていなかった80年代の日本の現代美術を検証する動きが、ここにきて見え始めました。この時代の美術を現代につながる「起点」として捉えた展覧会が、静岡市美術館で開催中です。
バブル景気に向けた消費社会の若々しさの中で、美術の世界でも、それまで主流だった禁欲的な表現が一気に弾けた80年代。ただ、その方向性はあまりにも多彩で、80年代美術を塊としてとらえる動きは少なかったように思われます。

本展は80年代の表現を、現在の視点で見つめ直すもの。今日の美術につながる事象を4章構成で捉え、懐古的ではなく、80年代美術の意義を検証していきます。

エントランスに鎮座するのは、中原浩大による巨大な彫刻《夢殿》。荒々しい油土のテクスチャは、中原が現地で仕上げました(オリジナルは1984年)。

1章は「メディウムを巡って」。思想や理念が先行していた前の時代に対し、「絵画・彫刻の復権」が謳われた80年代。もちろん、そのまま伝統に戻るのではなく、新たな表現が模索されました。この章はエントランスの中原浩大のほか、岡﨑乾二郎、諏訪直樹、辰野登恵子、戸谷成雄、中村一美の作品が並びます。

2章は「日常とひそやかさ」。「美術」に代わり「アート」という言葉が広まったこの時代。日比野克彦の段ボール作品は、日常にアートが溶け込むようになった80年代を象徴しています。一方でバブル景気と相対するように、ひそやかな感性に根差した作品も。舟越桂の半身像が象徴的です。この章は日比野、舟越の他に、今村源、杉山知子、吉澤美香です。



3章は「関係性」。現代アートにおいて、表現に観客が関わる「リレーショナル・アート」は、あたり前になりましたが、その萌芽は80年代に見出せます。川俣正のプロジェクトは、アートと社会を結び付ける先駆的な試みといえるでしょう。この章は他に、宮島達男、藤本由紀夫、松井智惠です。

4章は「記憶・アーカイヴ・物語」。モダニズムが否定した「物語性」を取り戻すのは、この時代の美術の関心事の一つ。欧米では新表現主義/ニュー・ペインティングの動きがありました。個人を作品に取り入れた顕著な例が、セルフポートレートの森村泰昌。画家へ転向した横尾忠則も、個人的な記憶をモチーフにしています。この章は他に、石原友明、大竹伸朗です。

この項では、昨年12月~今年1月に国立国際美術館で開催されていた「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」もご紹介しましたが、巡回展である本展のほうがスタートは先。昨年7月に金沢21世紀美術館で開幕、高松市美術館を経て、静岡市美術館が最終会場です。

現在でも活躍中の作家も多く、各々の若い頃の作品展という側面でもお楽しみいただけます。東京には巡回しませんので、ご注意ください。

1980年代生まれの人は800円で観覧できる「80年代割引」や、ほぼ同時期に静岡県立美術館で開催される「1968年 激動の時代の芸術」展(2/10~3/24)との相互割引も実施中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月8日 ]

起点としての80年代起点としての80年代

金沢21世紀美術館(編集),高松市美術館(編集),静岡市美術館(編集)

My Book Service Inc.
¥ 3,510

料金一般当日:1,100円 ほか
※1980~1989年生まれの方は800円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場静岡市美術館
開催期間2019年1月5日(土)~3月24日(日)
所在地 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
TEL : 054-273-1515
HP : http://www.shizubi.jp/
展覧会詳細へ 起点としての80年代 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社