インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  小原古邨

小原古邨

■没後70余年、ついにブレイクか
展覧会がきっかけで、忘れられていた画家に光が当たる事はしばしばあります。小原古邨(おはらこそん:1877~1945)は、間違いなくそのひとり。とても版画とは思えない微妙な色彩の花鳥画を中心に、全150点を紹介する東京初の展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
突然、古邨にスポットライトが当たったのは、昨年、茅ヶ崎市美術館で開催された「小原古邨展 花と鳥のエデン」から。開幕当時はそれほどでもありませんでしたが、10月にNHKの日曜美術館で紹介された事で、注目されるようになりました。

とはいえ、無名だったわけではありません。海外では展覧会の開催、カタログレゾネ(総作品目録)の制作、書籍刊行と研究が先行する中、ようやく日本が進みだした、ともいえます。

明治10年(1877)、金沢で生まれた古邨。もとは日本画家で、鈴木華邨に師事しました。展覧会にもしばしば出品しますが、評価はそこそこ。活動の場として見出したのが木版画でした。逆に、日本画家としての評価がもっと高ければ、今につながる古邨はいなかったわけです。

明治期に古邨の版元だったのは、秋山武右衛門(滑稽堂)と松本平吉(大黒屋)。明治期は淡い色調で、安定した構図の作品を数多く制作し、おもに海外からの観光客を中心に販売されていました。



作品を見てまず感じるのが、水彩画のように繊細な色合い。言われなければ、木版画とは思えないほどです。

そもそも一般的な浮世絵版画では、絵師は墨で輪郭線を描きますが、古邨の画稿は絹本に肉筆で描画します。つまり、画稿とはいえ日本画とほとんど変わりません。

画稿を版下絵にするのは、当時広まっていた湿板写真です。古邨の画稿は版画よりかなり大きいですが、写真ならサイズ変更も容易。画稿そっくりに作るため、彫師・摺師も技術を駆使し、極めて精度が高い版画を出版していきました。

滑稽堂、大黒屋ともに明治末には衰退したため、大正元年頃には肉筆画に戻りますが、昭和に入ると再び版画の道に。この時期の版元は、輸出向けの木版画「新版画」を牽引した渡邉庄三郎(渡邉版画店)です。

美人画の橋口五葉、風景画の川瀬巴水らを擁していた庄三郎。海外に人気が高い花鳥画を描ける名手として、明治期からの実績がある古邨はうってつけの人材でした。昭和期の作品は、色彩も華やかになります。

会場には画稿や試摺も展示されています。《月夜の桜》を見ると、画稿と試摺は赤紫色ですが、完成品は桜の木全体を藍一色にする事で、よりドラマチックに。マーケットを熟知した庄三郎の戦略が伺えます。

古邨の展覧会は、茅ヶ崎での紹介以前は、1998年に平木浮世絵美術館で開催されたぐらい。新版画を特集した展覧会でも、風景画が中心になる事が多かったため、花鳥画の古邨は埋もれがちでした。まさにブーム直前といえる古邨の全貌を、じっくりとお楽しみください。

展覧会は前後期で全点が展示替えされます(前期:2/1~2/24、後期:3/1~3/24)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月31日 ]

小原古邨 花咲き鳥歌う紙上の楽園小原古邨 花咲き鳥歌う紙上の楽園

太田記念美術館(監修),日野原健司(著)

東京美術
¥ 2,484

 
会場太田記念美術館
開催期間2019年2月1日(金)~3月24日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
展覧会詳細へ 小原古邨 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
[エリアレポート]
モダン美人誕生
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社