インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション

チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション

■チェコのあやつり人形の今
【会期終了】 指先の感覚を駆使し、糸を使って人形に命を宿す、あやつり人形。「マリオネット」という呼び方でも親しまれています。人形劇が盛んな東欧諸国の中でも、チェコは特に有名。日本にも多くのファンがいます。本場・チェコの現代あやつり人形を紹介する展覧会が、八王子市夢美術館で開催中です。
16世紀から第一次世界大戦まで、ハプスブルク家に支配されていたチェコ。ゲルマン化の政策により、プラハなどではドイツ語の使用が強制され、母国語であるチェコ語は使用が禁止されていました。

そのチェコ語を守ったのは、人形劇でした。人形劇は、民衆のための娯楽などとみなされ、危険視されなかったため、人形劇は積極的に上演されました。

そのため、チェコでは人形劇が「文化の命綱」と称されるほど重要なものとされ、世界初の人形を専門に学べる国立大学機関や、人形劇専門の劇場が各都市にあります。

本展では、世界の玩具や遊具の研究者である、東京造形大学造形学部・大学院教授の春日明夫さんのコレクションから、糸あやつり人形とアート・トイなどの作品を中心に、4人の人形作家を紹介しています。

佐久間奏多さん(1977-)は世界中にコレクターがいる人形作家。劇場内でも見えるよう、普通のあやつり人形は約80センチと大きめですが、佐久間さんは、手のひらサイズの作品を制作しています。その世界観の作りこみに、ご注目。展示ケースの裏側に回ってみると…。ぜひ、会場でじっくり鑑賞してください。



チェコのあやつり人形は、落ち着いた色合いのイメージが強いためか、怖い印象をお持ちの方もいるかもしれません。今回紹介されている現代糸あやつり人形は、ポップで子どもでも親しみやすいものばかり。林由未さん(1979-)の作品を見てみましょう。

林さんも、初期は落ち着いた色彩の人形を制作していました。しかし、劇場で実際に人形を動かすこととなると、照明などの兼ね合いを考え、《終わらない夢 ― アリスシリーズ》など、鮮やかな色彩を持つ人形を制作するようになりました。

チェコの作家が制作した人形も展示されています。バーラ・フベナーさん(1971-)は、人形作家兼コスチュームデザイナー。布の使い方が巧みで、チラシに掲載されているピエロの人形《カシュパーレク》など、布素材の暖かみを生かした人形が展示されています。

あやつり人形だけでなく、ミロスラフ・トレイトナルさん(1962-)の、アート・トイも展示されています。その鮮やかな色彩に注目。素材を生かしたデザインなど、「おもちゃ」というよりは、造形作品のようです。

会場内2カ所で、あやつり人形を動かしている映像も紹介されています。その絶妙な動きは、プロによる実演。映像制作の際、担当学芸員も少し動かしてみたそうですが、「生きているように動かすのは難しい」とのことでした。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年2月12日 ]

日経おとなのOFF 2019年 1月号日経おとなのOFF 2019年 1月号

日本経済新聞社(編)

日経BP社
¥ 820

 
会場八王子市夢美術館
開催期間2019年2月8日(金)~3月24日(日)
所在地 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
TEL : 042-621-6777
HP : http://www.yumebi.com/
展覧会詳細へ チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
サントリー美術館「information
左脳と右脳
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 「恐竜博 2019」 メスキータ展
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社