インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  スペインの現代写実絵画 ― MEAM

スペインの現代写実絵画 ― MEAM

■写実の母国から、59点が来日
写実絵画の殿堂、ホキ美術館が新たなステップへ。2010年の開館以来、所蔵作品を中心とした展覧会を開催してきましたが、今回はじめて、海外美術館のコレクションを紹介する展覧会が開催される事になりました。写実の分野では日本と双璧といえるスペインから、59作品が来日しています。
日本でも展覧会が開催されたアントニオ・ロペス(1936-)をはじめ、エドゥアルド・ナランホ(1944-)、ゴルチョ(ミゲル・アンヘル・マヨ 1949-)など、写実絵画が盛んなスペイン。

スペインにおける写実の系譜は、ベラスケスやゴヤまで遡ることができるかもしれません。

今回の展覧会は、バルセロナにあるヨーロッパ近代美術館(MEAM)のコレクションを紹介する企画です。

MEAMは現代の具象作品(フィギュラティブ・アート)を扱う美術館として、2011年に開館。ホキ美術館とはコレクション分野だけでなく開館時間まで似ている事もあって、2015年から交流しています。

ホキ美術館のコレクション60点は、昨年秋にバルセロナで公開され、現地でも話題に。お返しの展覧会となる本展では、30代から70代までの現在活躍するスペイン作家の作品、59点が並びます。



では、印象に残った作品を何点かご紹介しましょう。

生首がゴロッと横になっているように見える作品は、ゴルチョの《眠らない肖像》。展覧会のメインビジュアルです。

巨匠といえるゴルチョですが、画業は独学。パリ滞在を経てスペインに帰国してからは、アントニオ・ロペスらと芸術グループ「ガジーナ・シエガ」を結成し、リアリズムの技法を磨きました。

エドゥアルド・ナランホも70代の重鎮。《ピアスをつけた女性》は、現代の女性のイメージを空想で描いた作品です。

ナランホはセビリアとマドリッドで絵画を学びました。その作品は、議会や空港など公共空間にも展示されています。

街角を描いた作品でアントニオ・ロペスを想起させるのが、1970年生まれのペドロ・デル・トロ《静寂のグランピア》。マドリッド・アミーゴス財団賞など、数々の受賞歴があります。

今回の「スペインの現代写実絵画展」は、ホキ美術館の4つのギャラリーで開催されていますが、他のギャラリーではホキ美術館のコレクションも展示されています。ふたつの国、そしてそれぞれの作家ごとの個性の違いをお楽しみいただけます。

「まるで写真のよう」と、判で押したように言われる写実絵画。確かにその通りですが、じっくり見ると作家によって描き方はかなり異なります。近くでテクニックを確認しながら、お気に入りの一枚を見つけてください。

ホキ美術館の作品は、今年、全国を巡回中(沖縄・酒田・岩手・佐賀・瀬戸内)です。佐賀と瀬戸内ではMEAMの作品も出展されます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年5月16日 ]

写実絵画とは何か? ホキ美術館名作55選で読み解く写実絵画とは何か? ホキ美術館名作55選で読み解く

松井 文恵(著),安田茂美(著),ホキ美術館(監修)

生活の友社
¥ 1,944

 
会場ホキ美術館
開催期間2019年5月17日(金)~9月1日(日)
所在地 千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
TEL : 043-205-1500
HP : http://www.hoki-museum.jp/
展覧会詳細へ スペインの現代写実絵画 ― MEAM 詳細情報
取材レポート
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
横浜美術館「原三溪の美術 伝説の大コレクション」
原三溪の美術
根津美術館「優しいほとけ・怖いほとけ」'
優しい 怖い ほとけ
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
国立歴史民俗博物館「もののけの夏
もののけの夏
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 メスキータ展 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、7/30から投票開始です!!
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社