インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  三島由紀夫「豊饒の海」のススメ

三島由紀夫「豊饒の海」のススメ

■「豊饒の海」を、読んでみませんか
【会期終了】 戦後の日本文学界を代表する作家、三島由紀夫(本名:平岡公威 1925-1970)。代表作「豊饒の海」シリーズの第1巻「春の雪」が刊行されてから、今年で50年を迎えます。「豊饒の海」全4巻を紹介する展覧会が、鎌倉文学館で開催中です。
「豊饒の海」シリーズは、「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4巻からなる、三島由紀夫の最後の長編小説。タイトルの「豊饒の海」とは、月面にある海の一つ「Mare Foecunditatis」(豊な海)に由来するとされています。

小説は、十八歳の侯爵家嫡子・松枝清顕と、清顕を想う伯爵家令嬢で幼馴染みの綾倉聡子の悲劇的な恋愛と、清顕の死から始まる輪廻転生の物語です。物語のはじまり、「春の雪」のあらすじを簡単に説明します。

皇族と婚約した聡子。清顕は彼女が手の届かない「究極の女」と化したことを知ります。禁を犯した逢瀬の末、皇族との婚約を控えていながら、聡子は清顕の子を妊娠。この事実を知り、松枝家と綾倉家の両家は、子を始末し、聡子を予定どおり結婚させようとします。

しかし、聡子はすべてを捨てて奈良の寺で出家。清顕は病身を押して、聡子が出家した奈良の寺を訪ねますが、遂に会うことは叶わず。旅の疲れから清顕は肺を患い、親友の本多繁邦へ「又、会うぜ」と謎の言葉を残して、20歳でこの世を去ります。

本展では、直筆の原稿や創作ノートなどを通じて「豊饒の海」の魅力を紹介する企画。作品の魅力を紹介します。タイトルの「ススメ」は、「進め」ではなく「勧め」。今こそ三島畢生の作品「豊饒の海」を完読してみませんか?と、お勧めする意味です。



展示は2部構成。第1部「「豊饒の海」のススメ」では、創作ノートや手紙などの資料が展示されています。「豊饒の海」の構成のほか、執筆当時の三島について紹介されます。

会場の鎌倉文学館は、旧前田侯爵家の別邸を鎌倉市から寄贈を受け、昭和60年以来、文学館として活用されていますが、三島も「豊饒の海」の執筆の際、取材のために訪れています。

昭和40年の夏、三島が訪れた際に書いた《創作ノート「奔馬」》には、「裏山の裏側を北西に当り、大仏見ゆ」とあり、鎌倉大仏と思われる絵が描かれています。この訪問ののち、本館を「春の雪」に登場する松枝侯爵家の別荘「終南別業」のモデルとしました。

第2部では、全4巻の「豊饒の海」を、巻ごとに紹介。各巻の魅力とともに、登場人物の台詞などを抜き出し、キャプションと展示するなど、読書欲を引き出す仕掛けが施されています。

目玉は、《原稿「天人五衰」30節》です。前期展示(4/20~5/29)は、レプリカで紹介されていましたが、後期展示(5/30~7/7)からは、三島による直筆の原本が展示されています。

「豊饒の海」は、三島由紀夫の遺作。三島は《原稿「天人五衰30節》を机の上にのこし、三島は市ヶ谷の陸上自衛隊駐屯地に向い、演説の後、割腹自殺をする事となります。

原稿末尾には「「豊饒の海」完。/昭和四五年十一月二十五日」。三島が自決したのも11月25日です。やはり生の原稿を目にすると、三島が命がけで書いた物語の重さを感じます。

1階展示室入口には、清顕と三島の後輩がススメる「豊饒の海」コーナーが。「豊饒の海」のポイントを、三島が通っていた学習院中等科の3年生(2019年現在)が紹介します。中学生とは思えない、しっかりとした紹介文に思わず唸ります。

「豊饒の海」を魅力を余すことなく伝える本展。第2部の紹介で完全に本作の魅力に落ちた筆者は、早速「春の雪」を購入したほど。読書欲が刺激される、熱量の高い展示でした。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2019年6月5日 ]

豊饒の海 第一巻 春の雪豊饒の海 第一巻 春の雪

三島 由紀夫(著)

新潮社
¥ 767

 
会場鎌倉文学館
開催期間2019年4月20日(土)~7月7日(日)
所在地 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
TEL : 0467-23-3911
HP : http://www.kamakurabungaku.com/
展覧会詳細へ 三島由紀夫「豊饒の海」のススメ 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社