インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」

■テーマはずばり「リアル三国志」
【会期終了】 後漢の皇帝を操った奸雄の曹操。重さ50キロの青龍偃月刀を振り回す関羽。際立ったキャラ立ちで人気の三国志ですが、真の姿はだいぶ異なります。ずばり「リアル三国志」を合言葉に、その実像に迫る展覧会が、東京国立博物館 平成館で開催中です。
155年の曹操誕生から、280年の西晋による統一までが、三国志の時代。現在でも小説、漫画、映画、ゲームなどさまざまな分野で描かれ、中国と日本の両国で高い人気を誇ります。

ただ、これらはすべて「三国志演義」がベースです。そもそも「演義」が書かれたのは、ざっと正史の1000年後。史実との乖離は明らかです。

「語り多く物少なし」といわれる三国志ですが、近年は研究も進み、さまざまな事実が判明しつつあります。展覧会は、リアルな三国志の姿がターゲット。挑戦的な試みといえます。

会場はプロローグ「伝説のなかの三国志」から。「演義」によると、関羽の身長は2メートル超。展覧会のメインビジュアルになっている《関羽像》はこの大きさとほぼ等しく、堂々としたイケメン関羽です。

第1章は「曹操・劉備・孫権 ― 英傑たちのルーツ」。曹操は、祖父が皇帝に仕えた宦官、父は大臣という有力一族でした。孫権の先祖は戦国時代の軍略家です。

劉備の先祖は前漢・武帝の異母兄弟の中山靖王劉勝です。そのため、劉備は漢王朝の正当な後継者を自認しました。劉勝の墓からは、豪華な出土品が見つかっています。



第2章「漢王朝の光と影」。漢は400年続きましたが、黄巾の乱で王朝は弱体化。地方の豪族が力を持ち、中でも董卓は専横の限りを尽くしました。武装した騎兵が並ぶ《儀仗俑》は、董卓ゆかりの将軍との関連が指摘されています。

第3章は「魏・蜀・呉 ― 三国の鼎立」。さまざまな武器を駆使して、激しく対立した三国。なかでも弩(引き金がついた弓矢)は殺傷力が高く、重要な武器でした。展示室は無数の矢があしらわれた、楽しい演出です。

第4章は「三国歴訪」。黄河流域の魏、長江上流の蜀、長江中・下流の平野部と沿岸域の呉。広大な中国は地域で風土が異なり、それぞれ特徴的な文物が出土しています。

第5章がメインといえる「曹操高陵と三国大墓」。河南省安陽市で発掘された西高穴二号墓からは「魏武王」と記された副葬品が発見され、曹操の墓である事が確実になりました。

墓室内は前室と後室があり、それぞれ四角錘状の天井。出土品の《罐》は、白化粧に透明釉をかけて高火度で焼き上げた白磁です。これまでの記録を300年以上さかのぼる、最古と目される白磁になります。

ただ、全体的に出土品は質素。曹操は遺言で葬儀の簡素化を命じており、その教えが守られていた事になります。奸雄として描かれる事が多い曹操の、意外な一面です。

エピローグは「三国の終焉 ― 天下は誰の手に」。三国を束ねたのは、魏の武将だった司馬氏一族。魏の第5代皇帝・曹奐(曹操の孫)を退位させた司馬炎が西晋を建国し、三国志時代に終止符が打たれました。

展覧会は東京展の後、九州国立博物館に巡回します(10/1〜1/5)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年7月8日 ]

※特別展「三国志」報道内覧会で取材。一般のご来場者によるフラッシュ、三脚の利用、また、動画の撮影は禁じられています。


三国志 Three Kingdoms Unveiling the Story特別展「三国志」公式図録 三国志 Three Kingdoms Unveiling the Story

東京国立博物館(著),九州国立博物館(著)

美術出版社
¥ 2,500

 
会場東京国立博物館
開催期間2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://sangokushi2019.exhibit.jp/
展覧会詳細へ 日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京ステーションギャラリー「没後90年記念 岸田劉生展」'
岸田劉生
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
千葉市美術館「ミュシャと日本、日本とオルリク」'
ミュシャ オルリク
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社