インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―

没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―

■海原雄山のモデルはこの人です
【会期終了】 書、篆刻、絵画、陶芸、料理と、多彩な分野で活躍した北大路魯山人(1883-1959)。周囲との摩擦を恐れず、真っ向から主張するその人となりは、生前から好き嫌いが分かれる人物でもありました。魯山人の作品120点を中心に、昭和陶芸の広がりを紹介する展覧会が、千葉市美術館で開催中です。
没後60年を経て、神話化が進む魯山人。漫画『美味しんぼ』の海原雄山のモデルといえば、イメージしやすいかも知れません。忖度だらけの現代から見ると、幾多の傲慢エピソードが逆に清々しく思えます。

「料理の着物」としてやきものに向き合ったため、魯山人の陶芸といえば食器です。ただ本展では、その作陶のベースとして茶道に目を向けました。

中世以来、日本文化の核といえるのが茶道。魯山人が引き受けた名料亭「星岡茶寮」も、そもそもは茶の湯のための施設です。魯山人が追及した美においても、茶道は常に中心的な位置づけでした。

展覧会は7章構成です。「書・漆・画」を集めた5章以外は、ほぼ年代順です。

20代後半に朝鮮半島や中国大陸を旅行した事もあり、魯山人の初期のやきものは中国陶磁風。ただ、徐々に中国趣味は後退していきます。

名品として知られる《萌葱金襴手鳳凰文煎茶碗》は、新潟の豪商から依頼され、金に糸目を付けずに制作した作品です。鳳凰の文様は金箔です。



1927年に自らの窯を完成させた後、荒川豊蔵らをともなって朝鮮半島の古窯跡巡りへ。持ち帰った土で器物を作っています。魯山人の茶碗をいち早く評価したのは、小林一三でした。

魯山人は近代の陶芸家の中では、かなり早い時期から桃山陶の魅力に目を付けた人です。織部・志野・黄瀬戸など、桃山陶に倣った作品をいくつも制作。土の板に脚をつけ、端をやや反らせた「俎鉢(まないたばち)」は、魯山人オリジナルのフォルムです。

戦後になると、古典復興を目指す陶芸家たちが新しい活動を進めますが、先駆者といえる魯山人はほとんど関わりを持ちませんでした。ただ、魯山人邸の離れに仮寓したイサム・ノグチをはじめ、後年の芸術にもさまざまな影響を与えています。

魯山人ゆかりの名料亭・八勝館(名古屋市)が所蔵する作品と、世田谷美術館の塩田コレクションを中心とした本展。古美術というと、関東の人はどうしても京都に目がいきますが、実は中京圏も「蔵の深さ」は折り紙付き。首都圏での展覧会で、これだけ中京から名品が揃う機会は滅多にありません。

碧南市藤井達吉現代美術館で開幕した巡回展。千葉展の後に、滋賀県立陶芸の森 陶芸館に巡回します(9/14-12/1)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年7月2日 ]

NHK 美の壺 魯山人の器NHK 美の壺 魯山人の器

NHK「美の壺」制作班 (編集)

NHK出版
¥ 1,026

 
会場千葉市美術館
開催期間2019年7月2日(火)~8月25日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ― 詳細情報
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社