インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特集展示「もののけの夏 ― 江戸文化の中の幽霊・妖怪 ―」

特集展示「もののけの夏 ― 江戸文化の中の幽霊・妖怪 ―」

■オバケ大好きは、江戸時代から
【会期終了】 夏の展覧会では定番といえる、お化け。ただ、国立歴史民俗博物館が国内有数の「怪談・妖怪コレクション」を所蔵している事は、あまり知られていないかもしれません。100点の資料で江戸時代に描かれた妖怪や幽霊を紹介する展覧会が、同館で開催中です。
お化けや妖怪が大好きな日本人。漫画やアニメで何度も取り上げられており、ゲゲゲの鬼太郎、妖怪人間ベム、ドロロンえん魔くん、幽☆遊☆白書、妖怪ウォッチと、いくつでも挙げられます。

妖怪は死と隣り合わせにあり、本来は畏怖すべき存在です。ただ、江戸時代にはすでに興味関心の対象になっており、妖怪をテーマにした絵本や錦絵も大量に作られました。今につながる「妖怪ブーム」は、かなり前から始まっていた事になります。

展覧会では館蔵品を中心に個人蔵も加え、ちょうど100点で幽霊や妖怪を紹介。あわせて、それらが江戸文化で果たした役割も考察します。



冒頭は、狩野洞雲益信による《百鬼夜行図》。妖怪が行列を成して進むさまは、江戸時代に数多く描かれました。作者の狩野益信は狩野探幽の養子で、駿河台狩野家の祖。ユニークな描写ですが、各所に狩野派ならではの力量が見て取れます。

会場には、遊びに取り入れられた妖怪の姿も。歌川芳員《新板化物づくし》では、釜や酒樽も妖怪になっています。

江戸時代に妖怪が飛躍(?)した要因として、歌舞伎での上演もあげられます。怪談物の歌舞伎が成立したのは、文化・文政(1804~30)期。早替わりや戸板返しなど効果的な演出もあり、庶民の人気を博しました。怪談物の歌舞伎の流行を受けて、幽霊や妖怪を演じた役者絵も数多く描かれています。

妖怪は盛り場にも進出。見世物興行では等身大の幽霊がつくられたほか、現在の幻灯にあたる“写し絵”でも、幽霊が再現されています。

源頼光と四天王らの土蜘蛛退治など、英雄の武勇譚にも妖怪は登場します。「豊国にかほ(似顔)国芳むしや(武者)広重めいしよ(名所)」と呼ばれたように、武者絵といえば歌川国芳。横に三枚つないだ「大判三枚続」は、迫力たっぷりです。

激動の幕末・明治初頭には、妖怪を描いた浮世絵に世相への皮肉も込められました。歌川芳盛《昔ばなし舌切雀》には、箱から出てきた妖怪の中に、顔が長州藩毛利家の家紋になっている大入道が。発行された元治元年(1864)は、長州が敗北した「蛤御門の変」がおこった年です。

展覧会は企画展示室Bで開催。ただ、企画展ではなく特集展示のため、観覧料も常設展の料金(一般 600円など)と同額です。会場前にはスタンプで多色刷り版画のポストカードが作れる楽しいコーナーもありました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年7月29日 ]

るるぶ にっぽんの博物館るるぶ にっぽんの博物館

ジェイティビィパブリッシング(編)

ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,000

 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2019年7月30日(火)~9月8日(日)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp/
展覧会詳細へ 特集展示「もののけの夏 ― 江戸文化の中の幽霊・妖怪 ―」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社