インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち

歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち

■江戸時代の「表現の規制」にも注目
【会期終了】 迫力あふれる武者絵やユーモラスな戯画で知られる、歌川国芳(1798-1861)。各所で何度も展覧会が開かれ、すっかり人気浮世絵師の定番になりました。今回は国芳に加えて娘たちに注目。そして、何かと話題の「表現の規制」についても考える展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
太田記念美術館がお届けする「秋の歌川派フェスタ」。「歌川豊国 ─ 写楽を超えた男」展に続く第2弾は、その豊国の弟子にあたる、歌川国芳です。

15歳の頃、初代豊国に入門した国芳。国貞(三代豊国)は兄弟子で、広重は師は違いますが、同年の生まれです。

当時もっとも人気があったのは三代豊国ですが、国芳も師の没後に出版された水滸伝シリーズがヒット。嘉永6年(1853)の評判記には「(三代)豊国にかほ(似顔)、国芳むしや(武者)、広重めいしよ(名所)」と、二番目に挙げられるほどの人気絵師でした。

展覧会は作品を年代順に展示。画業の変遷を追えるのはもちろんですが、後ほどご紹介する「表現の規制」についても、時代背景とあわせて見ていくことができます。



国芳は17歳頃にデビュー。30過ぎるまで鳴かず飛ばずだったので、遅咲きの画家といえます。水滸伝で人気を博した後は、西洋風の作品など、さまざまな表現に挑戦していきます。

ようやく波に乗り始めた頃、世間を騒がせたのが「天保の改革」という大嵐。国芳が45歳の頃から綱紀粛正が厳しくなり、浮世絵にも歌舞伎役者や遊女を描くことができなくなります。

そこで、国芳が代わりに描いたのが、子ども絵。単に無邪気な子どもを描いたものもありますが、中には、本来は大人がするべき役回りを子どもにさせている絵もあり、国芳ならではの抵抗が見て取れます。

国芳の代表作のひとつといえるのが、47歳頃に描いた《源頼光公館土蜘作妖怪図》。作品は「判じ絵」、つまり絵の中に別の意図が隠されており、時の老中・水野忠邦を揶揄していると評判になりました。

体制を批判する浮世絵など、もちろんご法度。国芳は他の戯画でも幕府を批判しているされ、同心に身辺調査をされたり、奉行所から呼び出されたりと、すっかり要注意人物のレッテルを貼られてしまいます。

実は、国芳自身がどこまで反体制だったかは、定かではありません。本人の意思を越えて拡大解釈されていた部分もあり、時代が求めていた空気に、ちょうど国芳の作品がはまったともいえます。

展示作品の中には、校合摺(校正段階の試し刷り)では別の顔だったものが、出版物では役者の顔にしたものも。版元が時代の空気を読みながら、作品を作っていた事が分かります。目に見えない圧力を感じながら「表現の規制」と戦うさまは、驚くほど現代と似ているように思えます。

国芳の娘たちについては、展覧会の終盤で。浮世絵師の娘と言えば、葛飾北斎の娘である葛飾応為(お栄)が有名ですが、国芳のふたりの娘も浮世絵を描いていました。

娘の画号は、それぞれ芳鳥(1839-不明)、芳女(1842-不明)。それぞれ父の作品の背景部分を描いているほか、一人で手掛けた作品も。特に芳鳥は数えで15歳の頃、すでに一人で作品を描いているなど、かなり優秀な浮世絵師でした。

あまり知られていませんが、当時も女性の浮世絵師は何人かいました。展覧会最後には、国芳の門人、歌川芳玉の作品も紹介されていました。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月3日 ]

歌川国芳 21世紀の絵画力歌川国芳 21世紀の絵画力

金子 信久 (著), 音 ゆみ子 (著), 府中市美術館 (著)

講談社
¥ 2,808

 
会場太田記念美術館
開催期間2019年10月4日(金)~10月27日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社