インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

■ヨーロッパ随一の名門家から
【会期終了】 神聖ローマ帝国の皇帝位を代々世襲し、「日の沈むことのない帝国」を統治したヨーロッパ随一の名門、ハプスブルク家。その富とネットワークを背景に、質・量ともに世界屈指のコレクションを築きました。絵画、工芸品、武具など100点を紹介する展覧会が、国立西洋美術館で開催中です。
数世紀にわたり、広大な領土と多様な民族を支配したハプスブルク家。展覧会には、オーストリア系ハプスブルク家の主要コレクションを引き継いだウィーン美術史美術館が全面的に協力しており、帝室ならではの華麗な美術品が揃いました。

会場は年代別で、5章7セクションの構成。主要な王族にもスポットをあてつつ、絵画、版画、工芸など多彩なコレクションを紹介します。

展示室に入ると、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の肖像から。巧みな婚姻政策で領土を拡張し、ハプスブルク家隆盛の基礎を築いた中興の祖です。芸術を保護するとともに、武芸にも秀でており、生涯に27の戦を戦いました。



地下の展示室には、そのマクシミリアン1世の甲冑も含め、美しい4つの甲冑が並びます。中世末期からルネサンスを通じて、甲冑は男性が所有しうる最も高価な着用品のひとつでした。

稀代のコレクターとして名高い皇帝が、神聖ローマ皇帝ルドルフ2世。政治力には疑問符がつきますが文化人としては超一流で、宮殿内にクンストカマー(芸術の部屋)を設け、百科全書的なコレクションを築きました。

芸術家を宮廷に集めて作品を制作させるなど、ルドルフ2世は文化政策を強力に推進。プラハは芸術の中心地として発展していきました。

スペイン絵画の黄金時代を代表する画家が、ディエゴ・ベラスケスです。スペイン国王フェリペ4世付きの宮廷画家となり、王族の肖像画や、王宮や離宮を飾るための絵画を描きました。

展覧会のメインビジュアルである、王女マルガリータ・テレサを描いたのもベラスケスです。ベラスケスは王女が3歳、5歳、8歳の時に単独の全身像で描いており、8歳のこの作品は、ベラスケス最晩年の傑作と評されています。

皇妃マリア・テレジアは、オーストリアの歴史で最も重要な人物です。卓越した政治手腕で近代化を推進。恋愛結婚した夫との間に16人の子をもうけました。

その第15子が、ご存じマリー・アントワネット。大きな肖像画は、王妃お気に入りの女性画家ヴィジェ=ルブランによる作品です。高貴で健康的な王妃とドレスの美しさが際立ちます。

会場終盤には、オーストリア=ハンガリー二重帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の肖像画。68年という長い治世において、今日のウィーンの街を整備しました。ハプスブルク家のコレクションをまとめたウィーン美術史美術館をつくったのも、この皇帝です。

フランツ・ヨーゼフが没した2年後、1918年に第一次世界大戦が終結。帝国は消滅し、ハプスブルク家の支配は終わりました。

ヨーロッパ名門家のコレクションを紹介する展覧会は他でも行われていますが、家格でいえばハプスブルク家が文句なしの頂点です。展覧会は巡回せず、国立西洋美術館のみでの開催となります。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月18日 ]


 
会場国立西洋美術館
開催期間2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-7
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://habsburg2019.jp/
展覧会詳細へ ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社