インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて

特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて

■43体のミイラが集結
【会期は2/24まで】 乾燥し、生前の姿が残っているミイラ。以前は好奇の対象でしたが、20世紀に入ると学術的な調査が行われるようになりました。世界各地からミイラを集め、文化的な背景や死生観を探る会が、国立科学博物館で開催中です。
最新の調査と研究手法で、ミイラの実像に迫る本展。地域別の4章構成です。

第1章は「南北アメリカのミイラ」。自然ミイラ、人工ミイラとも、世界最古のミイラはこの地域で発見されています。

前者は米国ネバダ州の洞窟から出土した、約1万年前のミイラ。40歳代で、遺伝的にはアメリカ先住民に近い事が分かっています。後者はチリ北部のチンチョーロ文化でつくられたもので、約7000年前のミイラです。

インカ以前の南北アメリカでは、各地の遺跡からミイラが見つかっています。チリバヤ文化では内臓を取り出すなど、人為的な加工も行われました。

インカ帝国では歴代の皇帝がミイラになりました。ただ、スペイン人による征服の後、多くのミイラが破壊されてしまいました。



第2章は「古代エジプトのミイラ」。気温が高く湿度が低いエジプトは、ミイラにとって理想的な環境です。ミイラになった古代エジプト人は、なんと1億5000万人と言われています。

古代エジプトにおけるミイラづくりは、約5000年前の初期王朝時代から。古王国時代には遺体から内臓を取り除くようになります。

その後、水分吸収と殺菌作用がある「ナトロン」を利用するなど、ミイラ制作の技術が進歩。新王国時代になると、美しく生前の姿を表現するなど、その技術は頂点に達します。

グレコ・ローマン時代になると、棺やミイラ表面の装飾はさらに華美になりますが、ミイラ制作は簡易な手法に。

エジプトにおけるミイラづくりの歴史は、4000年近く続きましたが、オスマン帝国による支配によって終止符が打たれました。

古代エジプトで特徴的なのが、動物のミイラです。死者の食事、ペット、神への捧げものなど、さまざまな用途で作られました。

第3章は「ヨーロッパのミイラ」。ヨーロッパには遺体をミイラにして保存する文化はほとんどありません。

展覧会のチラシになっているカップルのようなミイラは、オランダで見つかったもの。ただ、分析の結果、二人とも男性だった事が分かっています。

第4章は「オセアニアと東アジアのミイラ」。オセアニアにはミイラ文化も存在しましたが、現存するミイラが少なく、その実状は良く分かっていません。

中国もミイラは数多く見つかっていますが、すべて自然のミイラ。長い歴史を誇る中国ですが、人工的にミイラをつくる文化が一度もなかったのは、やや意外に思えます。

日本も気候的にはミイラには不向きですが、江戸時代の遺跡からは自然ミイラが数体見つかっています。

即身仏は、仏教思想に基づく行者・僧侶のミイラ。袈裟を着た衝撃的なミイラは、貫秀寺(福島県浅川町)の即身仏です。1683年、92歳で入定し、以降330年以上にわたって、崇拝の対象として大切に守られています。

世界最大級のミイラを科学する展覧会。多くの来場者を集めると思いますので、会期序盤がおススメです。東京展でスタート、熊本、福岡、新潟、富山と巡回します。会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月31日 ]

教養としてのミイラ図鑑: 世界一奇妙な「永遠の命」教養としてのミイラ図鑑: 世界一奇妙な「永遠の命」

ミイラ学プロジェクト (著)

ミイラ学プロジェクト (著)
¥ 2,750

 
会場国立科学博物館
開催期間2019年11月2日(土)~2020年2月24日(月)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.tbs.co.jp/miira2019/
展覧会詳細へ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 詳細情報
取材レポート
東京オペラシティ
白髪一雄
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
クラシックホテル展
クラシックホテル
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社