インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション

ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション

■37名の‘最後の浮世絵師’
【会期終了】 江戸時代を代表する文化といえる浮世絵。浮世絵の全盛期が江戸時代である事は間違いないですが、その歴史は明治に入っても長く続いています。今では歴史に埋もれてしまった明治の浮世絵を紹介する展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
‘最後の浮世絵師’で検索すると、まず出てくるのが小林清親と月岡芳年。「明治の広重」こと小林清親と、「血みどろ絵」で文豪を魅了した月岡芳年の力量に異を唱えるつもりはありませんが、彼らだけが‘最後の浮世絵師’ではありません。

本展では、洋画家であり浮世絵コレクターとしても知られる悳俊彦(いさお・としひこ)氏のコレクションから、明治の浮世絵222点(前後期通して)を紹介します。

第1章は「歌川国芳の系譜」。情に篤く、江戸っ子気質だった国芳。親分肌という事もあり、多くの門弟を抱えていました。月岡芳年や河鍋暁斎は有名なので、ここでは他の絵師をご紹介しましょう。

二代歌川芳宗は月岡芳年の門人。国芳の門人だった、初代歌川芳宗の実子(なんと第11子!)です。新聞の挿絵などで活躍しました。

水野年方も、同じく芳年の門人。鏑木清方の師匠でもあります。初の大規模展が2016年に太田記念美術館でが開催されました。



第2章は「歌川国貞の系譜」。この項では何度も書いていますが、当時は国芳や広重をはるかに上回る人気だった歌川国貞。歌川派のリーダーは、この男です。

国貞も多くの弟子を育てています。豊原国周は師匠ゆずりの役者絵と美人画の名手ですが、今回は愛らしい子供絵が紹介されています。ただ本人は、妻を40人以上替えたという奇人でした。

楊洲周延は国周の門人、戊辰戦争で幕府軍の一員として戦った経歴があり、明治維新後に再び浮世絵師になりました。その弟子の楊斎延一は歴史画や戦争画の名手です。

第3章は「尾形月耕と門人たち」。尾形月耕は独学の絵師で、菊池容斎の『前賢故実』などを手本に技術を磨きました。美しい遠近表現と巧みな構図、そして動きのある人物は見事です。

月耕の弟子には、日本画家として文展や院展などで活躍した山村耕花など。門人で、後に月耕の妻になったのが田井耕耘。二人の間に生まれた尾形月山も、父に学びました。

第4章は「さまざまな流派」。小林永濯は狩野派出身。2015年の東京藝術大学大学美術館「ダブル・インパクト」展の強烈な作品も記憶に残ります。

山本昇雲は、河田小龍の門人。南画家の滝和亭にも学びました。挿絵から日本画でも活躍、本展では美人画が中心に展示されています

小林清親はワーグマンに洋画を学び、河鍋暁斎や柴田是真とも交流しましたが、画技はほぼ独学です。2015年には清親没後100年記念の展覧会が太田記念美術館で開催されました。

明治時代の浮世絵は、美術史的には「時代遅れ」。これまで美術的な価値は注目されませんでしたが、月岡芳年が人気者の仲間入りを果たしたように、今後の株価上昇は必須です。個人的には尾形月耕、そして楊洲周延・楊斎延一の師弟などに注目したいです。

展覧会は前後期で全ての作品が展示替えされます。ご注意ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年11月1日 ]


 
会場太田記念美術館
開催期間2019年11月2日(土)~12月22日(日)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
21_21
デザイナー達の原画
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社