インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国宝 雪松図と明治天皇への献茶

国宝 雪松図と明治天皇への献茶

■六畳の囲い屏風になりました
【会期終了】 明治20年(1887)2月1日、京都御所の博覧会場で開催された第16回京都博覧会「新古美術会」に、明治天皇と昭憲皇太后が行幸。三井家が明治天皇へ献茶を行いました。円山応挙筆の国宝《雪松図》をはじめ、茶会で使われた品々を紹介する展覧会が、三井記念美術館で開催中です。
年末年始の三井記念美術館といえば国宝《雪松図屏風》。昨年は「動物アート」、一昨年は「バードウォッチング」と、展覧会はいつも雪松図にあわせたテーマを立てています。

今年は令和改元にちなみ、天皇に関係する品々を展示。「三井家による明治天皇への献茶」が中心になります。

まずは皇室の菊の紋章にちなんで、菊をデザインした茶道具や工芸品から。《桐木地菊置上茶箱》には、胡粉で菊の文様が見事に盛り上がっています。

国宝の茶室「如庵」を再現した展示ケースには、国宝の志野茶碗《銘卯花墻》も展示。日本で焼かれた茶碗で国宝に指定されているものは、わずか2点のみ。うち1点がこの「志野茶碗 銘卯花墻」です(もう1点はサンリツ服部美術館蔵の本阿弥光悦《白楽茶碗 銘不二山」》)。床にかかる和歌もお見逃しなく。後水尾院による書です。

展覧会メインは展示室4。「明治天皇への献茶」関係の美術品が並びます。



献茶が行われたのは、明治20年(1887)の京都博覧会。「新古美術会」と題し、京都御所御苑内で開催されました。

ちょうど孝明天皇の20年祭のため京都に滞在中だった明治天皇皇后両陛下は、博覧会に行幸。会場の一角には抹茶と煎茶の献茶席が設けられ、北三井家九代の高朗(たかあき)と十代の高棟(たかみね)が抹茶席の亭主になり、表千家の碌々斎の点前で献茶が行われました。

展覧会では、茶席で用いられた道具が紹介されています。永樂和全の茶碗《赤地金襴手鳳凰文天目》、藤原定家の書《小倉色紙「うかりける…」》、明時代の水指《祥瑞松竹梅花鳥文胴締水指》など、いずれも見事な品々です。ちなみに国宝《雪松図屏風》は、六畳囲い屏風として用いられました。

この展示室には、興味深い椅子も。新橋~横浜間の鉄道開業式で明治天皇が使われた御休所用の御召椅子で、初公開となります。北三井家八代・高福(たかよし)は鉄道開業式当日、新橋駅で東京市中の商人総代として挨拶をしており、御召椅子が三井文庫に伝わっているのも、この関係によるものと思われます。

続いて、帝室技芸員の作品。皇室が美術・工芸家を保護する制度である帝室技芸員は、明治23年(1890)に制定。三井記念美術館では柴田是真、竹内栖鳳、安田靫彦らの作品を所有しています。今回は小さな作品が展示されています。

最後の展示室には、三井家当主が描いた絵画も紹介。もちろん、師匠の手が全く入っていないとは言い切れませんが、それを差し引いてもなかなか見事な作品が並びます。

国宝《雪松図屏風》の展示は恒例といえるので、当初は図録を作る予定はなかったそうですが、企画を進めるうちにどんどん充実。当日の茶会の模様の解説を含め、63ページの立派な図録も出来ました(1,500円)。ミュージアムショップで販売中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年12月13日 ]


 
会場三井記念美術館
開催期間2019年12月14日(土)~2020年1月30日(木)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp
展覧会詳細へ 国宝 雪松図と明治天皇への献茶 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
クラシックホテル展
クラシックホテル
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
アーティゾン美術館「「見えてくる光景
アーティゾン
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ ゴッホ展 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵
特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」 開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 SF・冒険・レトロフューチャー 国宝東塔大修理落慶記念 薬師寺展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社