インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」

開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」

■アートの地平へ
【会期終了】 東京駅八重洲口から徒歩5分という絶好の立地で、60年以上に渡って美術ファンを楽しませてきた旧ブリヂストン美術館が、名称も新たにアーティゾン美術館としてオープンしました。開館記念の展覧会では、館蔵の名品が紹介されています。
2015年5月に終了した「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展の後、長期休館となっていた旧ブリヂストン美術館。ビルは立て替えられ、以前と同じ場所に23階建て高層ビル「ミュージアムタワー京橋」が新築されました。アーティゾン美術館は、その低層部(展示室は4~6階)に入っています。

新しい館名のアーティゾン「ARTIZON」は、「ART」(アート)と「HORIZON」(ホライゾン:地平)を組み合わせた造語。アートによる限りない地平を多くの方に感じてもらいたい、という意志が込められています。

美術館としては珍しく、日時指定予約制を導入。来館前に「ウェブ予約チケット」を購入し、指定した時間枠(1日4枠、金曜のみ5枠)に入館する事で、入館までの待ち時間や館内の混雑を緩和しようという試みです。

なお、場合によっては「買った時間に間に合わない!」という事もありそうですが、1回に限り、日時指定の変更も可能です。

チケットはQRコードで、3階のセキュリティゲートにかざして入館。今回の展覧会は、エレベータで上がって6階からスタート。エスカレーターで順に下がっていく導線です。再入場はできませんが、6~4階の展示室の往来は自由です。



開館記念の本展は、展示面積が約2倍になった美術館の全展示室を使い、206点を展示します。アーティゾン美術館は休館期間中も作品の収集活動を続けており、本展で初公開となる新収蔵作品31点も見どころとなります。

展覧会は2部構成で、6階が第1部「アートをひろげる」。1870年代のマネから2000年代のスーラージュまで、約140年間の作品を一つの地平に並べる事で、美術の風景を一望します。

旧美術館の顔だった、ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》、エドゥアール・マネ《自画像》のほか、新収蔵作品のメアリー・カサット《日光浴(浴後)》などが目をひきます。

今回は絵画が多いので壁が立てられていますが、6階の展示室は柱が無い大空間です。現代美術の大型作品にも対応可能で、今後はさまざまな企画が行われそうです。

5階~4階は、第2部「アートをさぐる」。装飾・古典・原始・異界・聖俗・記録・幸福と7つの視点で、アートを掘り下げていきます。

「聖俗」のゾーンには、新収蔵の《洛中洛外図屏風》も展示。継ぎ目のない15mの1枚ガラスの展示ケースにより、細かな部分までしっかり楽しむ事ができます。

4階と5階のビューデッキは、展示室とつながった展望休憩コーナー。嬉しい事に電源もあるので、スマホの充電も可能です。館内は撮影禁止マークのついている作品以外は撮影できるため、お気に入りの一点をSNSで発信するのもOKです。

あらゆる面で最先端の美術館になったアーティゾン美術館。現代美術が展示される次回の展覧会も楽しみです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年1月16日 ]

美術展ぴあ2020美術展ぴあ2020

 

ぴあ
¥ 968

 
会場アーティゾン美術館
開催期間2020年1月18日(土)~3月31日(火)
所在地 東京都中央区京橋1-7-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.artizon.museum/
展覧会詳細へ 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社