インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  澄川喜一 そりとむくり

澄川喜一 そりとむくり

■素材の本質を生かすかたち
【当面の間、臨時休館】戦後日本の抽象彫刻を牽引してきた澄川喜一(1931-)。初期の具象彫刻から抽象彫刻へ、さらに東京スカイツリー®のデザイン監修など公共の大規模プロジェクトも含め、60年以上にわたって第一線で活動を続けています。首都圏の公立美術館では初めての大規模展が、横浜美術館で開催中です。
本展でも新作を発表するなど、精力的に創作を続ける澄川喜一。活動の全貌を網羅する本展では、約100点の作品・資料が展示されています。

会場の入り口は、岩国の錦帯橋の模型から。実はこの歴史的名勝は、澄川の創作の原点でもあります。

澄川は島根県鹿足郡六日市町(現・吉賀町)生まれ。山口県立岩国工業学校機械科(旧制)に進み、約6年間を岩国で過ごしました。

澄川はこの橋を愛し、何度もスケッチに描いたほど。1950年の台風で流出した時も現場で見ており、大きな衝撃を受けると同時に、現代美術に転生したようなさまにも魅せられました。錦帯橋への関心は、後の造形活動にも生かされていきます。

東京藝術大学彫刻科では木彫の巨匠・平櫛田中と塑造の第一人者・菊池一雄のもとで研鑽。1958年、27歳で新制作展に初出展。当初は具象彫刻を手掛けていました。ちなみに、現在でも新制作展に発表し続けています。

1960年頃から抽象への志向を強め、1961年にはアトリエの庭に穴を掘って、過去の具象彫刻や石膏原型を廃棄。本格的に抽象の道に進みます。



60年代半ば、具象から抽象への転換期に制作したのが「MASK」シリーズです。アフリカの仮面や日本の甲冑、岩見神楽の能楽面などから着想し、美術評論家の土方定一や彫刻家のイサム・ノグチが高く評価しました。

1967年には藝大彫刻科の講師に。木や石などの自然素材や、ステンレスなど金属素材と向き合う中で、創作の幅を広げていきます。

澄川の仕事の中で特筆されるのが、公共空間における造形です。会場の地図で所在一覧が示されていますが、北海道から鹿児島まで、ほとんどの都道府県に澄川作品が。横浜市内でも万里橋や一本橋など、多くの公共造形物を手掛けています。

澄川は、東京スカイツリー®のデザインも監修しました。日本の伝統的な造形に息づく曲線である「そり(反り)」と「むくり(起り)」が取り入れられているため、方向によっては非対称に見えます。

会場後半は、澄川が40余年にわたって追及し続けている「そりのあるかたち」です。1979年に《そりのあるかたち-1》が平櫛田中賞を受賞し、創作の方向性に確信を得た澄川は、木の性質と向き合い、素材の本質を生かした形を次々に生み出していく事となります。

現在まで続く「そりのあるかたち」シリーズですが、その姿は変化し続けています。水平方向に広がるもの、小さな木片でリズムをとっているもの、天に向かって伸びていくもの、等々。材料も木とはいえ、欅、樟、檜、槐、松、一位(櫟)、黒檀、チークなど、実に多彩。木の性質を自分のイメージにあわせて、創作を続けています。

会期中の5月2日(土)には89歳を迎える澄川喜一。誕生日のこの日に、作家自らが作品や展覧会について語るギャラリートークが開催されます。現役の作家と触れ合える貴重な機会、事前申込不要です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年2月14日 ]

澄川喜一 そりとむくり澄川喜一 そりとむくり

 

求龍堂
¥ 3,300

 
会場横浜美術館
開催期間2020年2月15日(土)~5月24日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL : 045-221-0300
HP : https://yokohama.art.museum/special/2020/sumikawakiichi/
展覧会詳細へ 澄川喜一 そりとむくり 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社