インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  バンクシー展 天才か反逆者か

バンクシー展 天才か反逆者か

■100万人超を動員した世界巡回展
【当面の間、休館】英国を拠点に活動する匿名の芸術家、バンクシー(BANKSY)。ストリートを舞台に、ゲリラ的に社会問題を風刺する作品を制作し、美術ファン以外にも広く知られるところとなりました。世界中で計100万人以上を動員した大規模なバンクシー展がついに日本上陸。横浜のアソビル 2Fで開催中です。
著名な美術館に自分の作品を勝手に陳列するなど、過激な方法で衆目を集めているバンクシー。2018年10月にはオークションで落札された直後の作品がシュレッダーで切り刻まれ、こちらも大きな話題になりました。

今回は、2018年からモスクワ、サンクトペテルブルク、マドリード、リスボン、香港と巡回した「BANKSY GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)」の日本版。バンクシー自身がオーソライズした展覧会ではないものの、これだけのバンクシー作品をまとめて見られる機会は、日本で初めてとなります。

本展では個人コレクターが所有する作品が集結。オリジナル作品や版画、立体オブジェクトなど70点以上が出品されています。ストリートでゲリラ的に描かれるバンクシーの作品は、しばしば塗りつぶされてしまうため、現存作品は多くあませんが、会場内には消される前の作品を撮影した写真なども多くされています。

会場はいくつかのテーマを設けて、関連する作品を展示。バンクシーが作品に込めた意図に迫ります。



作品の中で頻繁に取りあげられるテーマのひとつが、反消費主義。マーケターの戦略に踊らされて、意味のない消費を続ける私たちの人生を、痛烈に笑い飛ばします。

政治も、バンクシーが好むテーマのひとつ。大衆の意識を操作する政治に警鐘を鳴らし「世界をよりよい場所にしたいと望んでいる人間ほど危険なものはない」(バンクシー)と語ります。

展覧会の見どころのひとつが「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」の再現。2017年にベツレヘムにオープンした10部屋のホテルで、実際のホテルは、イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁が、どの部屋からも見えます。

再現された部屋の壁には、バンクシーの絵画が。イスラエル兵とパレスチナ人が、羽毛を撒き散らしながら、枕を振り回して戦う様子です。

「ディズマランド」も著名な作品です。2015年の8月から9月に期間限定で開園された「小さな子供たちには不向きなファミリーテーマパーク」(バンクシー)で、ダミアン・ハーストやジェニー・ホルツァーらの作品が設置されました。展覧会では映像などが紹介されています。

バンクシーのイメージとして最も知られているのが、風船に手を伸ばす少女の像《GIRL WITH BALLOON》。シュレッダーにかけられたのも、この図像でした。

展覧会プロデューサーのアレクサンダー・ナチケビア氏によると、実に一般の英国人の7割がこの作品の作者がバンクシーと理解しているとの事。これは、現代美術作品としては、極めて高い数値です。

通路を挟んだ向かいの展示室では、映像で見るバンクシーの軌跡も。大型の3面スクリーンで、バンクシーのこれまでの活動が紹介されています。

世界的な認知を受けてもなお、覆面アーティストとして活動を続けるバンクシー。従来の美術の枠外にいる事は間違いありませんが、美術ファンならチェックしておかなければならないのもまた、間違いないでしょう。

会場は横浜のアソビル。横浜駅みなみ東口通路から直通で行けますが、入り口がちょっと分かりにくいかもしれません。アソビルの公式サイトでご確認の上、お出かけください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年3月13日 ]


 
会場アソビル
開催期間2020年3月15日(日)~9月27日(日)
所在地 神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9 アソビル
TEL :  
HP : https://banksyexhibition.jp/
展覧会詳細へ バンクシー展 天才か反逆者か 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社